「海外で、挑戦したい」

日本にいる富裕層が、一度は考えることだろう。

そのなかでも憧れる人が多いのは、自由の街・ニューヨーク。

全米でも1位2位を争うほど物価の高い街だが、世界中から夢を持った志の高い人々が集まってくる。

エネルギー溢れるニューヨークにやってきた日本人の、さらなる“上”を目指すがゆえの挫折と、その先のストーリーとは?

現状に満足せず、チャレンジする人の前には必ず道が拓けるのだ―。



Vol.1 憧れのバンカーとして
雅也(30歳)大手投資銀行勤務


ブブー…バババー…。

クラクションの音が鳴り響く。

Newark Liberty 国際空港からUberでマンハッタンにある「ザ・ペニンシュラホテル」へ向かう途中、リンカーントンネルの手前で大渋滞にハマってしまった。

長時間のフライトで疲れた体を癒すように窓の外を眺めながら、僕は昔のことをぼんやりと考えた。

― 僕が前に住んでいたインディアナ州とは、街の雰囲気が全然違うな…。

あ、そういえばとスマホを取り出し確認すると、恋人からLINEが届いている。

「雅也、無事に着いた?落ち着いたら電話してね」

彼女とは付き合って1年ほどになる。食事会で知り合い、見た目もタイプで話も合い、気がつけば一緒にいるようになった。

付き合い始めて3ヶ月ほど経ったある日、僕が以前アプライしていたニューヨークのポジションに空きが出た、と連絡が来たのだ。

それからとんとん拍子で採用が進み、正式にニューヨークへの転籍が決まった。

僕は、アメリカで死ぬ気で頑張りたかったし、もう日本に帰る気などない。

だから、僕は『ANTICA OSTERIA DEL PONTE』で、彼女にプロポーズした。

だが、彼女の答えは意外なものだった。

「別に結論を急ぐ必要はないんじゃない?」

ダラダラ遠距離恋愛をするのは性に合わないが、結局別れることも将来を約束することもなく、僕は1人でニューヨークへやってきたのだ。

「着いた。後で連絡する」

そう返すと、僕は深く息を吸った。

「やっと、ここまで来られた…」

ずっと憧れだったニューヨークでバンカーとしてキャリアを積めることに、僕はワクワクした。


2年後・・・


「はぁ…」

仕事終わりに、僕はミッドタウンウエストのカフェでコーヒーを飲みながらため息をつく。

ニューヨークに来て2年が経ち、僕は32歳になる。

僕は輝かしいキャリアを積んでいる…はずだった。

ポジションは変わらないが、給与は円安の影響もあって1.6倍になり、年収は5,000万円を超える。

それでも、キャリアとしては輝かしいと言えない状況にここ最近落ち込んでいる。



僕は昔から、ニューヨークの金融業界で颯爽と働くバンカーに憧れていた。

高校生のときに、父が仕事でインディアナ州に転勤。

アジア人が少ないエリアということもあり、学校での人間関係は、それほどうまくいっていなかった。でも当時の「周りを見返したい」という思いが、夢への原動力となったのだ。

だから僕は必死で勉強し、課外活動にも励み、第一志望ではなかったが、アメリカのそこそこの大学に合格する。そして大学卒業後は、日本の大手証券会社に就職した。

本当はアメリカにある銀行に入りたかったが、ノンネイティヴスピーカーの僕にとって、商談の多い銀行員は、想像以上にハードルが高かったのだ。

それでも、「"バンカー"という夢に近づけた」と思っていたが、日系の証券会社での仕事は通訳のような役割で、重要な仕事をさせてもらえなかった。

アメリカで外国人として扱われていた僕は、日本でも何かと特異な存在として見られる。

けれど僕は諦めず、就職した先で成果を上げ、日本で米国系の投資銀行に転職する。

ある日、ニューヨークからディレクターが来る機会があり、そこで僕はサポートをしながら彼に近づき、無謀にも直接彼に「アメリカで働きたい」と意志を伝えた。

すると彼はあっさりと「ならアプライすればいい」と言ってくれたのだ。

その言葉がどこまでの効力を持っていたのかはわからないが、ついに僕は念願の夢だったニューヨークで、マーケット部門のセールスを担当できることになった。

― 俺は、アメリカで成功してみせる!

日本で良い成績を収めていた僕は、正直かなりの自信があった。

しかし……。

ニューヨークでの仕事は、日本での経験を基に積み上げるというより、1から始めるような感覚だ。

マーケットも顧客も文化も何もかもが違う。

初めは振り落とされないように付いていくだけで必死だった。

ただ半年もすれば要領を覚え、このまま順調に行ける気がした。

けれども、アメリカ企業も結局はコネと政治の世界。

要領がよくコミュニケーション能力の高いネイティヴスピーカーばかりにいい仕事が回り、僕は一向に自分が思うような仕事ができない。

成績だって悪くない。それなのに、他の同僚が出世するたびに、僕は苦渋を味わった。

その上、こっちに来て半年ほど経ったとき、日本にいる彼女から一通のLINEが届いた。

「ごめん、好きな人ができたの」

聞けば、彼女はアメリカに住むことや、僕とのバックグラウンドの違いにも不安が拭えなかったらしい。



夢を持ってニューヨークにやってきたが、恋愛も仕事もうまくいっていない。

こんなはずじゃなかったのに、と思いながらも現状維持しかできない自分が情けない。

そんな重い感情を打ち消すように、すっかり冷めたコーヒーを一気に飲み干す。

そろそろカフェを出ようかなと思っていたとき、ある2組のカップルが入ってきた。

どちらも、男は20代後半のアメリカ人で、女性は20代前半のアジア人だった。

女性のほうは日本人か?と思っていると、彼らが隣のテーブルにきた。男2人は、自分の隣にそれぞれ女性を座らせて、まるで“物”かのような扱いで体を密着させながら髪や体を触っている。

そして、男同士英語で会話をし始めた。

早口にスラング混じりで、こう話しているのが聞こえてきた。


「日本人は最高だよ。言えばなんでもしてくれるし、従順だし、怒らないし。ただずっと黙って笑顔でいる都合のいい家政婦だよ。それにベッドの中でも…」

あまりの言われように驚いて女の子たちの顔を見ると、彼らが話している内容がわからないのか、変わらず微笑んで嬉しそうにしている。

その様子に、僕は昔の自分を思い出した。

デカい態度で僕を上から見下し、当然のように馬鹿にしてくるいじめっ子。



彼らに何も言い返せず、ただ俯いて逃げていた過去の自分。

しかし今日の僕は席を立ち、思わず彼らの方に近づいていった。

そして言葉を発しようとした瞬間、僕よりも一息早く、女性の声がした。

「ちょっと、気分が悪いわ!あなたたち、日本人の女性をなんだと思っているの!?」

僕の向い側の席にいた、スーツを着た日本人女性が立っている。

突然声をかけられた男たちは驚きながら「Huh?」とその日本人女性を睨みつける。けれども彼女は怯むことなく続ける。

「日本人だからって簡単だなんて思わないで。彼女たちにだって尊厳があるのよ」

早口の英語で捲し立てたかと思うと、今度はあぜんとしているカップルの女性たちに向かって日本語で話しかけた。

「あなたたちも、もっとちゃんとしなさい。今どれだけ自分たちがひどいことを言われていたか、わからないの?舐められないようにもっと勉強して、自分を大事にしないと」

あまりのことに呆気に取られていた女性たちは「は?何この人」と怪訝な顔をした。

そして、男性のうち1人が立ち上がり、怒りをあらわにしながらスーツの女性に暴言を吐こうとする。

僕は慌てて彼を制止し、ここが公共の場であること、彼らの会話の内容の低俗さに自分も許し難いことを強気で伝えた。

すると面倒くさくなったのか「S**t!」と吐き捨てるように言い、カップルたちは共にカフェから出て行こうとした。

その後ろを先ほどの女性が追いかける。

女の子たちに自分の名刺を差し出すと「弁護士なの。何かあったらここに連絡して。きっと力になれるから」と。

彼女の振る舞いに感心して見ていると、戻ってきた彼女と不意に目が合った。

「彼らに何もされませんでした?」

僕が聞くと、彼女は「ええ、大丈夫です」と答える。

先ほどまで気がつかなかったが、よく見ると艶のあるストレートの黒髪が似合う、意志の強い目が印象的な美人だ。

安堵した僕が席に戻ると、彼女は今起きた衝撃的な出来事を共有したい気持ちからか、飲んでいたコーヒーを持ってこちらにやってきた。



そして「ここ、座ってもいいですか?」と、笑顔を見せる。

彼女の柔らかい微笑に、思わず僕はドキッとした。

それが、彼女との出会いだった。


▶他にも:世帯年収4,500万円の夫婦に立ちはだかる“妊活問題”。お金はあっても解決できない悩み

▶︎NEXT:12月4日 日曜更新予定
仕事のことで悩んでいた雅也は、女弁護士の言葉である重要なことに気がつき…。