松坂由里香は、パーフェクトな女。

美貌。才能。財力。育ち。すべてを持つ彼女は、だからこそこう考える。

「完璧な人生には、完璧なパートナーが必要である」と。

けれど、彼女が出会う“未来の夫候補”たちは、揃いも揃って何やらちょっとクセが強いようで…?

松坂由里香の奇妙な婚活が、いま、幕を開ける──。

▶前回:特定の住まいを持たず、高級ホテルを転々とする投資家の男。ハイスぺゆえの本性を知った女は…



Vol.6 ロマンチックな男


人けのない夜のオフィスに、似つかわしくないピアノの音が響き渡る。

流れているのは、有名なミュージカルのテーマソングだ。

「52600ミーーーニッツ♪」

PCで作業をしながら熱唱していた由里香だったが、突然、爆音だった音楽が止まる。スピーカーの隣には、しらけた顔をした秘書・星野が立っていた。

「あっ、ちょっと!なんで消すのよ!」

「いや、フツーにうるさいんで…。てか、いつも残業のとき音楽なんて聞かないじゃないですか。急にどうしちゃったんですか?」

何気ない星野からの問いかけに、由里香はうっとりと瞳をきらめかせる。

「だって本当は今日、ジョージさんの家にはじめてお呼ばれして、この曲をピアノで弾いてもらう予定だったんだもん。

それに、手料理もご馳走になるはずだったんだよ。ピアノと料理が趣味の男性なんて、なかなかいないよねぇ」

「で、その素敵なデートが、突如ドタキャンされた…と。大丈夫ですか?その人。出会いはナンパだったんでしょ?遊ばれてないですか?」

訝しげな表情の星野に、由里香は思わずムキになる。スマホを手に取り手早くインスタを立ち上げると、星野の目の前に突きつけた。

「そんなことない、ただ忙しいんだよ!ほら、いつもはこまめに更新されてるインスタも、今日は更新されてないし」

「ジョージ」の名前を冠したページには、今日は一件の写真もストーリーも投稿されていない。ハリウッド俳優と見紛うようなハーフ系イケオジのプロフィール画像が、白い歯を光らせているだけだ。

由里香はため息を漏らしながらそのプロフィールを見つめたあと、キッと星野を睨みつける。

「9店舗もヘアサロン経営してるオーナーなんだから、忙しいのは仕方ないのよ。

それに、あれはナンパっていうか…もっとずっとずっと、ロマンチックな出会いだったんだから…!」


失敗続きの婚活に意気消沈した由里香が、ひとり『ウィスク/メズム東京』でアフタヌーンティーをやけ食いしていたときのこと。

突如、ラウンジのピアノが美しい音楽を奏で出した。

聞き覚えのある、切ないミュージカルの楽曲。曲に込められた「僕が君を守る」というメッセージを、情感たっぷりに弾き上げるエキゾチックな顔立ちの男性──。

その男性…ジョージはピアノを弾き終えると、ゆっくりと由里香の方へとやってきて、体の奥底を優しく撫でるようなバリトンボイスで囁いた。

「あなたみたいな綺麗な人が、どうしてそんなに寂しそうなの?」…と。



「まあ、ナンパといえばナンパなんだけどさ。この前の人があまりにも効率的すぎたから、ロマンチックな展開にグッときちゃって♡

やっぱり結婚するなら、いつまでも恋人同士みたいな関係でいられるのが理想だし!」

ジョージとの出会いを思い出して恍惚となる由里香だったが、星野から返ってくるのは、あくびを噛み殺しながらの適当な相槌だ。

「ほーん。そして今日は、そのロマンチックな男性からドタキャンされて、寂しく残業…」

「うるさいっ」

先ほどよりも鋭い目つきで星野を睨んだ由里香は、頭を小さく振って邪念を払い落とす。

そしてジョージに想いを馳せながら、まるでピアノを弾くようにリズミカルに、PCのキーボードを叩くのだった。



翌日の夜。

― はあ、さすがに2日連続残業は避けたいなぁ。かと言って予定もないし…。

18時半を指した時計をボーッと見つめていると、ふと、デスクの上のスマホがLINEの通知を告げた。

「あっ、ジョージさん!」

ジョージからのメッセージは、昨日会えなかったことへの謝罪から始まり、こんなふうに続いていた。

<今、由里香ちゃんの会社の最寄りの恵比寿駅まで来てるんだ。突然だけど今夜、昨日のやり直しができないかな?何時まででも、由里香ちゃんを待ってる>

一気に体温が上がった由里香は、考える間もなくオフィスを飛び出し、恵比寿駅へと駆け出した。



駅前のロータリーに停められた、アルファ ロメオのジュリエッタ。由里香の姿を見つけるなりその運転席から降りてきたジョージは、真っ赤な花束を抱えている。

「昨日はごめん。これ、お詫びのプレゼント。ああ、車のドアは僕が開けるから!女の子は優しくされるのが仕事だよ」

「ジョージさん…」

ジョージのエスコートで助手席へと座った由里香は、センス良くまとめられた、ポインセチアのブーケの香りを胸いっぱいに吸い込む。

はにかむ由里香の横顔をじっと見つめながら、ジョージはいたずらっぽい微笑みを浮かべて言った。

「赤いポインセチアの花言葉は、知ってる?」

「いえ、知らないです。何ですか?」

ジョージはアクセルを踏み込みながら、さらっと答える。

「『僕の心は燃えている』…だよ。じゃあ、行こうか」

― はぁ〜!ロマンチックー!!

由里香の体に甘い痺れが走り抜ける。

鼓動の高まりか、エンジンの響きか判断がつかないまま、由里香は今夜が運命の夜であることを予感しはじめていた。



アルファ ロメオが到着したのは、祐天寺の住宅街の一角にある一軒家だ。

「おじゃましまーす…」

玄関を進んだリビングには、黒く艶めいたグランドピアノが鎮座している。

ジョージは早速ピアノの蓋を開けたかと思うと、軽いタッチで短いジャズを弾いて言った。

「由里香ちゃん。今夜、泊まっていける?」


「えっ…と、どうしようかな」

こうして自宅までついてきたのだ。もちろん、そうなることには納得している。

ただただ焦らす目的でもったいぶってみただけだが、ジョージはパタンとピアノの蓋を閉じると、安心させるような微笑みを由里香に向けた。

「今決めなくてもいいよ。由里香ちゃんのこと、大切にしたいと思ってるから。…じゃ、何か作るね。ラムを焼いて、あとはパスタでいいかな?」

「あ、私もお手伝いさせてください」

― ロマンチックなだけじゃなくて、紳士的…。ジョージさんとなら、完璧な結婚生活が送れそう!

キッチンでふたり並んで料理をしていると、まるで本当の夫婦になったみたいだ。思わず口元が緩む。

けれど、そんな幻想が崩れ落ちるのはあっという間のことだった。

「でも、ジョージさん。ひとり暮らしなのに一軒家って珍しいですね!やっぱり気にせずピアノを弾くためですか?」

玉ねぎをむきながら何気なくそう聞くと、ジョージは再びピアノの方へと戻り、驚きの言葉を放ったのだ。

「うん、もちろんそれもあるけどね。ひとりじゃない時期もあったから」

― ん?

答えの意味がよくわからなかった由里香は、率直に尋ねる。

「えーと?それって、前に結婚してたってことですか?」

「うん、そうだよ」

一瞬動揺したものの、由里香だって古い女ではない。

離婚なんて、今時は当たり前。肝心なのは、なぜ離婚したのか…その理由だ。

「あの…もしよければ、どうして離婚したのか聞いてもいいですか?」

するとジョージは、遠い視線を明後日の方へと向け、寂しげな声で語り始める。

「もちろん。由里香ちゃんには、僕のすべてを知ってほしいと思ってる。僕がこうしてひとりになった理由はね…」



ジョージが話した理由は、こうだった。

結婚してしばらくの間は、妻はいつでも自分の愛に応えてくれる素晴らしい“恋人”であったこと。

けれど次第に、家事や仕事や生活に追われて、ムードを大切にしてくれなくなったこと。

とくに子どもが生まれてからは、身なりも気にせず、口うるさくなり、愛を語り合うことを忘れてしまったこと。

すっかりたくましくなってしまった妻は、もはや“愛する恋人”ではなく、“子どもの母親”になってしまったこと…。

「え?ジョージさん、子どもいるんですか?」

「うん、どの妻との間にもいるよ。そして皆、最後は僕を口汚く罵るんだ。『父親としてしっかりしろ』『家族のために大人になれ』って。

でも、僕だって父親である前に、繊細なひとりの男なんだ。昨日みたいに、つい飲みすぎて約束を果たせないことだってある。それに…」

「ちょちょちょ、ちょっと待って。昨日のドタキャンって、二日酔いだったんですか?

っていうかその前に、『どの妻も』?え?何回も結婚してたんですか?」

「言ってなかったっけ?3回だよ」

まさかジョージがバツ3の子持ちだなんて思いもしなかった由里香は、一気に気が遠くなってしまう。

いや、バツ3が問題なのではない。

いつまでも大人になりきれず、現実を生きることができない成人男性が、目の前にいる──その事実は、由里香にとって受け止めきれない衝撃だった。

放心する由里香のもとにジョージは慌てて駆け寄り、困ったような表情を向けた。まるで、「心配しないで」と語りかけるように。

「でもね…妻たちとの別れがあったからこそ、君という本当に守ってあげたい女性に出会えた…。由里香ちゃん、愛してる」

その言葉とともに、ジョージの唇がゆっくりと近づいてきたけれど…。

由里香は、すでにキッチンを後にして玄関の方へと歩き始めていた。

そして、最高に可愛らしい表情を浮かべて言い放つ。

「いえ、自分の身くらい自分で守れるので。今夜は、現実が見えてない男から身を守ろうと思います。では!」





「は…は…ハックション!」

翌日の朝。

オフィスに鳴り響いていたのは、ロマンチックな音楽ではなく、由里香の大きなくしゃみだ。

― あ〜、昨日の帰り、住宅街で全然タクシー捕まらなかったから風邪ひいた…。

またしても不発に終わった婚活に、がっくりと肩を落としたその時。デスクの片隅にマグカップが置かれる。

星野がいれてくれた、温かなミルクティーだった。

「星野くぅん…!」

露骨すぎない優しさが染みた由里香は、瞳を潤ませて星野を見つめる。けれど、星野の態度は例の如くロマンチックさのかけらもない。

「体調悪いなら、病院行くか家で寝ててくださいよ。大人なんだから、自分の身くらい自分で守ってくださいね」

由里香は出かかった舌打ちをどうにか抑えると、星野を睨みつけながらマグカップを手に取る。

そして、ぶつけられたばかりの冷たい小言を、無糖のミルクティーでぐびりと飲み下すのだった。


▶前回:特定の住まいを持たず、高級ホテルを転々とする投資家の男。ハイスぺゆえの本性を知った女は…

▶1話目はこちら:お泊まりデートの翌日。男は先にベッドを抜け出し、女の目を盗んでこっそり…

▶Next:12月5日 月曜更新予定
現実の見えない男に疲れ果てた由里香。次なるお相手、“健康的な男”との相性は?