「2人は、幸せに暮らしました。めでたし、めでたし」

…本当に、そうでしょうか?

今宵、その先を語りましょう。

これは「めでたし、めでたし」から始まる、ほろ苦いラブ・ストーリー。

▶前回:だらしない体の夫を、男として見れない…。嫌気が差した妻が、ベッドの中でこっそりしていたコトは



Episode9:浮気された元カレと、10年後に再会した女


「記念日に、乾杯」

ある金曜の夜、21時。恋人の良太と、解禁したばかりのボージョレ・ヌーヴォを開ける。

「わぁ、美味しい…!ありがとう良太」

「ううん、こちらこそ。文乃、俺と一緒にいてくれてありがとね」

私と良太は、今年で32歳になる。

共通の友人を介して知り合った私たちは、今日で交際1年目を迎えた。今は週のほとんどを、彼が住む南青山のマンションで過ごしている。

「文乃、愛してる」

そう言って良太は、優しいキスを落としてくる。そしてそのまま、私たちはベッドになだれ込んだ。

「私も。良太の目が好き…」

「目、か…」

長い睫毛にキリッとした目。大人の色気が漂う彼の瞳に、いつも吸い込まれそうになる。でもそれと同時に、私は“あること”を思い浮かべてしまうのだ。

― やっぱり、良太は翔平に似てるなあ。

それは大学時代、同じテニスサークルに所属していた恋人のことだった。良太の目は、彼にそっくりなのだ。

翔平は私の初恋相手で、初めての彼氏だった。彼とは結婚するつもりでいたけれど…。浮気をされて、たった2年で別れたのだ。

私はショックのあまり、衝動的に別れを告げて連絡先も消した。でも翔平以上に好きになれる人は現れず、彼に似た人ばかりと付き合ってきたのである。

― 別れて10年も経つのに、翔平を忘れられないなんて…。

浮気をするようなダメ男の翔平とは違い、良太はすごく優しい。だから時々、私はどうしようもない罪悪感に苛まれる。

深夜にふと目が覚めた私は、ぐっすり眠っている良太の横でスマホを開いた。

…すると、思わぬメッセージが目に飛び込んできたのだ。


元カレとの再会


テニスサークル38期生『来月、同窓会を開催します!新宿に全員集合〜!』

それはFacebookのメッセンジャーに届いた、テニスサークルの同窓会の案内だった。…この会に参加することは、翔平との再会を意味していた。



「文乃〜!こっちこっち」

「うわあ、久しぶり!佳奈の結婚式以来だから、1年ぶりだね〜」

1ヶ月後。

私は大学時代の友人・佳奈と、同窓会の会場であるキンプトン新宿東京の『ディストリクト ブラッスリー・バー・ラウンジ』に向かっていた。

彼女と一緒に店内へ入ると、すでに何人かのサークルメンバーが飲み始めている。



さっそく懐かしい話に花を咲かせながら、あたりを見回したが…。翔平の姿は、ない。

ホッとしたような、悲しいような。複雑な気持ちでワインを口に運んだ、そのときだった。

「…うわ」

佳奈が入り口に目を向け、絶句している。

「おっ、佳奈と文乃じゃん!久しぶり」

私たちの姿を見つけ、子どものように無邪気な笑顔で手を振っている1人の男性。…それは、翔平だった。



「文乃、相変わらず綺麗だな。元気そうでなにより」

30分後。気づくと右の席に翔平がいた。ダメだとわかっていても、胸が高鳴る。

奥の方の席で、佳奈が両手でバツを作って何かを訴えかけていたけれど、お酒が入っていた私は気にせず彼とグラスを合わせた。



「…翔平も、元気そうでよかった」

「てか文乃さ、連絡先変えた?」

「別れた後、翔平の連絡先は全部消したよ…?」

すると彼は私のスマホをひょいっと取り上げ、自分の電話番号を入力し始めたのだ。

「えっ!?何してるの」

「はい、入れといた。…今日、文乃に会えるんじゃないかと思って来たんだ」

頬を赤らめながら、そう言う翔平。そしてゾクッとするほど甘い声で、こんな言葉を口にしたのだ。


「今から2人で抜けない?」

ドクンと心臓が大きく音を立てる。腕時計に目をやると、時刻は22時。脳裏に良太の顔がチラついた。

― ど、どうしよう。

翔平の目を見つめ、うなずきかけた。…そのときだった。

「文乃、助けて〜。ちょっとトイレ…」

突然、千鳥足状態の佳奈が私に近づいてきたのだ。彼女は私の肩に手をかけると、そのまま私をトイレの個室に引きずり込んだ。

「え、ちょっと佳奈…。飲みすぎじゃない?大丈夫?」

「…こっちのセリフ!」

彼女は先ほどまでの様子が嘘のように、しっかりとした足取りで私の前に仁王立ちした。

「何してんの!?また傷つきたいの?」

「…えっ」

驚く私の前に、佳奈はグッと身を乗り出して語りかけてくる。

「今は良太さんがいるし、安心してたけど。今日の様子見てたら、まだ翔平のこと忘れてないんだね」

「そんなことないって…」

「平気で別の女と遊んで、朝帰りするような男だよ?恋は盲目!文乃、目を覚まして」

佳奈が私の目をジッと見つめてくる。そのとき扉の向こうから、同級生の声が聞こえてきた。



「ありえないよね、翔平。私が既婚者って知ってて誘ってくるなんて」

「あー、被害者多いらしいよ。在学中もテニサーの子、かたっぱしから手出してたって噂」

「うわあ、マジか。カッコいいから騙される子も多いだろうね」

その後。私を呼び止めようとする翔平を振り払い、佳奈は私を無理やりタクシーに詰め込んでこう言った。

「実は、私も被害者だったんだ。大学2年のときに、翔平からホテルに誘われて。遊ばれてただけだったけどね。

だから文乃が『翔平と付き合う』って言ったとき、全力で止めようと思ったんだけど…。それもなんか違うなって思って」

「…そうだったんだ」

「でもさ。もし今、文乃が『翔平と関係を持つ』って言ったら、友達として全力で止めなきゃって思ってたの。だから今日は止められて良かった。…文乃、良太さんと幸せになるんだよ!」

そう言って佳奈は、私をギュッと抱きしめてきたのだった。




良太『同窓会どうだった?無事、帰れそう?』

佳奈と別れた後、タクシーの中でスマホを開く。1時間前に、良太からLINEが届いていた。彼には「今日は自分のマンションに帰る」と伝えていたのだ。でも…。

「…すみません!Uターンしてもらえますか?」

そして私は衝動的に、電話をかけていた。

「もしもし、今すぐ会いたいの」

「…どうしたの、急に」

「ごめん、どうしても会いたくなって」

私はタクシーを降りると、彼の元へと向かった。

「帰ったんじゃなかったの?」

「あぁ、佳奈に無理やりタクシーに押し込められちゃってさ」

駅近くにあるホテルの一室。翔平の胸に顔をうずめたまま、私は幸せを噛みしめていた。先ほどからスマホが鳴り続けている。おそらく良太からだろう。

「電話大丈夫?俺はあと1時間くらいで出るけど、文乃はどうする?」

「…えっ?」

「さすがに25時までには帰らないと。嫁がうるさいからさ」

「翔平、結婚してるの…?」

「え、知らなかったの?それわかって誘ってきたんだと思ってたわ。ほら、指輪」

私はパンツの右ポケットから出てきた結婚指輪を見つめながら、目の前が真っ暗になるのを感じていた。


▶前回:だらしない体の夫を、男として見れない…。嫌気が差した妻が、ベッドの中でこっそりしていたコトは

▶1話目はこちら:絶対に家へ招いてくれない彼。不審に思った女が、自宅に突撃した結果…

▶NEXT:12月13日 火曜更新予定
彼女を部屋に連れ込もうとしたら、玄関に別の女のパンプスが…。そのとき男がとった、予想外の行動とは