今週のテーマは「腰回りが少しふくよかだったら、NGなの!?」という質問。さて、その答えとは?

▶【Q】はこちら:元彼と来たことがあっても「初めて♡」と言うのが正解?29歳女が和食店で犯したミス



奈緒と初めて会った時、「趣味も話も合うし、可愛い子だな」と思った。

だから自分からデートにも誘ったし、最初は楽しかった。

でも二度目のデートで、僕は「やっぱりこの子はナシで」と思うことがあった。

たぶん、本人は気がついていない。

奈緒のことだから、「私の外見で何かミスがあった?」などと思っているかもしれない。

でも今回僕が“ナシ”と思ったのは、容姿は一切関係ない。

むしろ外見を磨く前に、奈緒にはやるべきことがあった…。


A1:連日グルメな食事、誰のお金で行ってるの…?


奈緒と初めて出会った時、「綺麗な子だな」と思った。

友人の結婚式の二次会で、男女合わせて80人くらいはいたかもしれない。その中でも奈緒は可愛くて目立っていたので、僕は思わず声をかけた。

その場で連絡先を交換し、すぐにデートをすることになった僕たち。

初デートということもあり、僕は少し気合を入れて、今話題の『atti』を予約することにした。



「うわぁ…素敵なお店!」

シックなカウンター席が目を引く店内。奈緒も、早速嬉しそうにしてくれている。

「ここ来たことあった?」
「ううん、初めて来た♡ここのシェフって『Äta』とか『Restaurant Ode』にいらっしゃったんだよね?そこは行ったことあるけど」

奈緒の言う通り、こちらのシェフは有名店で経験を積まれてから独立したらしい。それは僕もうっすら知っていたけれど、奈緒の知識には驚いた。

「奈緒ちゃん、詳しいね」
「素敵なレストラン、好きなんだよね。律くんって、ご飯好きな人?」

僕も食べることが大好きで、新店や話題の店は一通りチェックをしている。それに、多少舌には自信がある。

「大好き。彼女ができたら、美味しい店巡りとかしたいんだよね」
「それ、最高だね…!」

そう言って目を輝かせた奈緒。そんな彼女を見ていると、自然と「この先、二人で食事へ行く機会が増えるのかな…」なんて期待してしまう。

しかも奈緒といると面白くて、感性も似ているようだ。

「これ、美味しいね」
「本当だね」

自家熟成された「蝦夷豚肩ロース」などを食べながら感想をシェアしたり、お互いに好きな食べ物の話をしたり。時間はあっという間に過ぎていく。



そして後半になると打ち解けてきたこともあり、お互いのプライベートの話になった。

「律くんのお仕事って…?」
「僕はヘルスケア系の会社を経営しているよ」

一応、会社を経営して5年になる。おかげさまで順調で、だからこそこうやって、素敵な店で美味しい食事を楽しめる。

「そうなんだ!すごいね」
「ありがとう。奈緒ちゃんは?何のお仕事をしているんだっけ?」
「私は自分で美容系の仕事をしているよ」
「美容系?」
「美容のコンサルみたいな?」

しかしここで、僕は奈緒に素朴な疑問が湧くことになる。

「へ〜。自分で会社やってるの?」
「ううん。個人的にって感じかな」

話を聞いても、奈緒の仕事内容がよくわからない。

― 僕が疎いだけなのかな…。

しかし奈緒の話を聞く限りそこまで稼いでなさそうだし、どうやって生活をしているのか、余計なお世話かもしれないけれども気になり始めた。

ただ彼氏でもない僕が、とやかく言う資格はない。

「そうなんだ…だから肌が綺麗なんだね」

適当に話を変えてみたものの、この先の会話でもやっぱり引っかかる。

「律くんの好きなタイプは?」
「美味しい物を食べたり、新しい景色を見た時に一緒に感動できる人がいいな。あとはお酒も飲める子のほうが好き!」
「私じゃん!」
「たしかに、奈緒ちゃんかも。奈緒ちゃんも食べるの好きなの?」
「うん大好き」

美味しい食事は心も豊かにしてくれるし、好きな人と一緒に食べる食事は何よりも美味しい。

ここまでは良かった。しかし奈緒の話を聞いていると、腑に落ちない点が多々出てきた。

「律くんは、いつもどの辺りが多いの?」
「僕は西麻布が多いかな…」
「西麻布だったら、美味しいお店もたくさんあるし、知り合いがやっているお店もたくさんあるから、今度一緒に行かない?」
「いいね!」

― この子、誰のお金でそういう店に行ってるんだろう…?

でもまだ初回だし、実際のところはわからない。だからもう一度、デートをしてみることにした。


A2:マウントしてくるのがウザい…


そして二度目のデートへ挑んだものの、気になる点はさらに広がってしまうことになる。

二度目のデートは、僕のお気に入りの、西麻布にある和食店にした。

「奈緒ちゃんに食べてほしいメニューがあって!〆の土鍋ご飯なんだけど、これが最高で…」

そう力説していると、何か言いたげな顔をしている奈緒。

「もしかして、奈緒ちゃんこの店来たことあった?」

そう尋ねると、若干気まずそうな雰囲気で話し始めた。

「ごめん、実は来たことがあって…」



ここまでは良い。もちろん、「初めて来た♡」と言われたら嬉しいけれど、「グルメだ」と自分でも言っているし、来たことがあるのは仕方のないこと。

でも僕が引っかかったのは、続いて出てきた言葉だった。

「元カレの行きつけで、店員さんも知ってるんだよね」

― それ、いる…?

わざわざ元カレを出す必要もないし、「店員さんを知っている」という情報もいらない。

「そうなんだ…!逆にごめん、新しい行ったことない店じゃなくて」
「ううん。久しぶりに来たかったから嬉しい」

考え過ぎかもしれないけれど、妙に上から目線なのが気になる。

― もう少し、別の言い方できるよね…?

でもこれだけではなかった。

「やっぱり奈緒ちゃんって、グルメなんだね」
「どうだろう。周りの人たちよりは…って感じかな?」
「最近、奈緒ちゃんが行って美味しかった店とかある?」

相手が興味ありそうな話題を振ってあげるのはある意味、デートの礼儀だ。

「たくさんあって選べないな〜。この前虎ノ門にできた新しいお鮨屋さんに行ったんだけど、もう新規予約受付停止らしくて。でもすごく美味しかったからお勧め」
「でも予約取れないんでしょ?どうにかして予約取りたいな〜」
「私は枠を持ってないから何とも言えないんだけど…」



別に高級鮨の予約枠を持っていなくても構わない。そのほうが可愛げがあるし、29歳でそんな枠を持っているほうが怖い。

でも僕が不思議なのは、人のお金でグルメな名店へ行っているのに、さも自分の力で行っているように語ることだった。

「次、どうする?どこか行く?」

― 今日は解散でもいいかな…。

そう思っていると、奈緒は意外にもノリノリで2軒目を提案してきてくれた。

「知り合いのお店がこの近くにあるんだけど、そこ行く?律くんが良ければ、だけど」
「どこどこ?行ってみたい」
「普段は会員制だから、行けないんだけど…。私、知り合いだから特別に入れるんだ」

― だから…その一言、いる?

普通に「知り合いのお店で」と言えばいいし、どうしていちいちマウントを取ってくるのが、僕には理解できなかった。

しかも連れていってくれた店は妙に暗く、通された奥のソファ席はかなり密着度が高い。

― この子、毎晩こういう所に通って、男性を引っ掛けているのかな…。

そう思うとどんどん冷めてきた。そして彼女のルーティンの一つかと思うとこちらも扱いはぞんざいになる。

しかしとりあえず今を楽しもうと思い腰に手を回すと、すごく嫌な顔をされてしまった。

― どっちだよ!何なんだよ!

振り切っているのか、振り切れていないのか…。

どちらにせよ、奈緒のことを人として素敵だなとは思えず、僕は2回のデートで手を引いた。


▶【Q】はこちら:元彼と来たことがあっても「初めて♡」と言うのが正解?29歳女が和食店で犯したミス

▶1話目はこちら:「この男、セコすぎ…!」デートの最後に男が破ってしまった、禁断の掟

▶NEXT:6月29日 土曜更新予定
年下男は相手にされない?