サンマルクカフェは「25周年プロジェクト」の第1弾として創業当時の看板メニュー「十勝あんぱん」を復刻。「元祖あつあつ十勝あんぱん」として2024年6月21日(金)から期間限定で全国販売する。

「十勝あんぱん」はサンマルクカフェの代名詞「チョコクロ」が登場する前のメニューだ。復刻にあたり、北海道十勝産の小豆を使用したつぶあんを、当時よりほんの甘みのある生地で包んだ。あつあつの状態で提供するのは当時と同じで、噛んだ瞬間に口の中につぶあんの甘さが広がる。

さらに、ニューベーカリーエリアが導入されている一部店舗では、「元祖あつあつ十勝あんぱん」と対になる令和のあんぱんも販売する。

白のこしあんをたっぷり入れ、北海道産の牛乳を使用した滑らかな舌触りでミルキーなクリームとともに包み込んだ。メニュー名は「令和あんぱん〜白あん&ミルククリーム入り〜」。販売時間は15時以降となるので注意してほしい。元祖あんぱんと食べ比べてみるのも楽しいだろう。

価格は「元祖あつあつ十勝あんぱん」が単品220円(税込)、「令和あんぱん〜白あん&ミルククリーム入り〜」が単品280円(税込)。販売期間は2024年6月21日(金)〜同年9月26日(木)。

急げ!東京と大阪で「あんぱん」貰えるイベントも

復刻販売に先駆け、東京と大阪の一部店舗で「元祖あつあつ十勝あんぱん」の無料配布イベントが行われる。

個数はサンマルクにちなんで、各店舗各日309個。実施店舗は次の通り。

◆6月15日(土)
東京両国西口店、大阪府大阪天神橋店

◆6月16日(日)
東京都大井町ガーデン店、大阪府梅田茶屋町店

◆6月20日(木)
東京都銀座みゆき通り店

サンマルクカフェ25周年プロジェクトについて

サンマルクカフェは1999年、東京都中央区銀座に1号店を出店。2024年3⽉に創業25周年を迎えた。

これを記念して始動した、サンマルクカフェ本来の「ベーカリーカフェ」としての魅⼒をさらに引き出していく⼤規模刷新プロジェクト「パンマルクプロジェクト」では、25周年の歴史を振り返り、初⼼に帰りながらも、新たなサンマルクカフェを更新し続け、25周年のアニバーサリーイヤーをさらに盛りあげる「25周年プロジェクト」を展開する。