小松菜奈さんや坂口健太郎さんらが、映画『余命10年』のジャパンプレミアに登場しました。

映画は、不治の病で余命10年と知り、もう恋はしないと心に決めたヒロインが、かつての同級生に惹かれていく物語。

一足先に映画を観終わった観客を前に、小松さんは…

「本当にいろいろな物語があって、なんかこうして完成できたこと、今ここに立っていることを本当に嬉しく思いますし」

「なんか感無量というか、本当にこの日を迎えられて、とても幸せです」と、涙を溢れさせながら思いを語りました。

映画『余命10年』は、3月4日(金)より全国公開です。