TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)、「フラトピ!」のコーナーでは、“最新AIサービス”をキャスターの田中陽南が取材しました。

◆男性が歌っても、まるでELT持田香織の歌声に!?

渋谷区にあるカラオケ店「ビッグエコー 渋谷センター街本店」では、8月末から画期的なAI(人工知能)サービスを導入し、大きな話題に(※実施期間:10月11日まで。実施店舗:渋谷センター街本店、浜松有楽街店、梅田茶屋町本店)。

それはカラオケルーム内にあるとのことで、田中は早速向かいます。中から女性の歌声が聴こえてきましたが、いたのは番組の男性ディレクター。田中は「今、女性が歌っていたと思ったんですけど……」と不思議がります。その声の秘密はマイクに。

その部屋に設置されているのは、AIを使った新サービス「なりきりマイク feat.ELT持田香織」で、専用のマイクを使うと誰でもEvery Little Thingの持田香織さんの歌声になれるというもの。

これはヤマハが開発した「TransVox(トランスボックス)」という新技術で、持田さんの歌声を学習したAIが、歌い手の声や特徴を分析し、瞬時に持田さんの声に変換します。

田中キャスターもこのマイクを使ってみると「かなり自分(の声)より高い音が出るので、歌っていて気持ちいいですね。ノリノリになっちゃいます。気分は完全にモッチー(持田さん)でした。楽しいですね!」と満面の笑み。

このサービスは10月11日までの実証研究ですが、将来的には自分で声を出しにくい方のサポートや、教育・医療など幅広い分野での活用が想定されているそうです。

◆AIが自分好みの洋服をスタイリング

続いては、働く女性を中心に利用者が急増しているというAIによるパーソナルスタイリングサービス「DROBE」。

これはAIが洋服のコーディネイトを提案してくれるというもので、利用者がスマートフォンで体型やファッションの好みなど70項目のアンケートに答えると200以上のブランド、約15万種類のアイテムの中からAIが利用者に似合う洋服を選び、届けてくれるというサービス。

1回のスタイリング料は3,190円で、試着して気に入った洋服は専用のサイトで購入可能。不要なものは返品することができるため、利用者は「洋服を買うときはいろいろなブランドを見て、お店をたくさん回らないといけない、それがすごく大変。自分だと普段選ばないんだけど、自分に似合うような服を(AIが)いつも選んでくれるので、そこがすごく好き」とそのメリットを語ります。

◆AIが最適な組み合わせを考え、新商品を開発!

大手食品会社「カゴメ」では、AIを活用し、商品開発を行っています。田中の前には“とうもろこしとヨーグルト”という意外な組み合わせの野菜で作ったプリンが。

この組み合わせを考えたのは、AI。田中は「どんな味になるのかちょっと想像できないですね」と驚きます。

これはAIが野菜と相性の良い食材の組み合わせを導き出して作られた「AI(愛)のプリン」(各種500円)で、中にはとうもろこしやトマトなど野菜の果肉がゴロっと入っています。

なぜAIを使った野菜のプリンを開発したのかというと、その背景にあるのは、子どもの野菜嫌い。昨今、子どもの74%が苦手な野菜があることがわかり、その克服、野菜に良い印象を持ってもらおうと、カゴメとNECが共同で開発しました。

AIが50万の料理データと子どもの野菜に対する意識調査を学習し、最適な食材組み合わせを100個ピックアップ。そこから厳選したものを商品化したのが、「AI(愛)のプリン」です。

例えば、とうもろこしとヨーグルトという組み合わせは、“とうもろこし”と“たまねぎ”の相性が良く、“たまねぎ”と“ヨーグルト”もパスタサラダなどに用いられており相性は良し。であれば“とうもろこし”と“ヨーグルト”も相性がいいのではないか、といった形で導き出しているとか。

本当に相性がいいのか、田中が試食してみると「美味しいですね! とうもろこしの甘みたっぷりのプリンと、とうもろこしの実もとても甘いんですが、ちょっと酸味のあるヨーグルトが加わることで、さらに美味しさが増していますね」と大満足の様子。

実際、野菜嫌いの子どもたちに食べてもらっても「ちょっといける」、「想像とは普通に違った、食べられた」と反応は上々。なお、現在はとうもろこしとトマトのプリンが発売されており、今後は6種類に拡大していく予定とのこと。

◆AIの活用でさらなる発展に期待大

今回紹介したサービスの中で、キャスターの堀潤は「なりきりマイク feat.ELT持田香織」に注目。「この技術の先に、いろいろな障害などと向き合っている現場に活用されていく未来がある」と可能性を語ります。

自身もAIを活用し、白黒写真をカラー化する取り組みを行っている平和教育を研究する東京大学3年生の庭田杏珠さんは、「これは持田さんがいるからこそできるわけで、やはりAIだけでなく、人とAIというのが大事だなと改めて思った」と率直な感想を述べ、「私自身もAIだけでカラー化するのではなく、そこから当時の資料を調べたり、対話したり、人がちゃんと関わっているので、そこが大切だなと思った」と語ります。

また、慶應ビジネススクール2年(MBA)の池田颯さんは「僕は洋服が選べなくて、いつも悩んでしまうので、こうしたものがあるとすごくいい」とAIによるパーソナルスタイリングサービスに興味を示します

そして、AIのビジネス活用については「僕は単純にみんなの生活が良くなる、ハッピーに使われたらいいんじゃないかと思う」と歓迎。

タレントで起業家の加藤ジーナさんも「今回の3つのサービスは私たちの生活にプラスになるようなものだったので、どんどん活用し、もっと発展していくといいなと思う」と賛同し、「こうしたビジネスを考えている人たちがもっと日本で成長してもらえるようになれば」とさらなる発展に期待していました。

※この番組の記事一覧を見る <番組概要>番組名:堀潤モーニングFLAG放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX)番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/番組Twitter:@morning_flag