ディズニー映画『クルエラ』の公開記念舞台挨拶が行われ、日本版声優を務めた柴咲コウさんと塩田朋子さんが出席しました。

この作品は「101匹ワンちゃん」に登場する悪役、クルエラの誕生秘話を描いた、パンクロック・エンターテイメントです。

実写吹き替え初挑戦だった柴咲さんは、アフレコでの苦労を話してくれました。

「声でとにかく全てを表現しないといけないし、すでに演じられてる役者さんの全てを合わせていかないといけない…」と苦労を明かした柴咲さん。

そして、「声に違和感があったら台無しにしてしまうな、と思ったので、そこはかなり注意しながらやらせていただきました」と語っていました。

映画『クルエラ』は、全国公開中です。