俳優の広瀬すずさんと松坂桃李さんがW主演を務める映画『流浪の月』の初日舞台挨拶が行われました。

映画は、女児誘拐事件の加害者と被害者の関係性を描く、ミステリアスで切ない物語。15年ぶりに再会した2人の新たな歯車が動き出す…。

松坂さんは、役作りのため体重を極限まで絞って撮影に臨みました。

「激やせで…なんかあったのか!?みたいな」と松坂さんは周囲に心配されたことを明かしました。一方、広瀬さんは撮影中に焼肉、ラーメンなどグルメライフを満喫していたそうで…。

「(役作り中の松坂さんを)間違えて一回誘っちゃったんですよね、監督と」と撮影中の出来事を話し始めた広瀬さん。「ちょっと食べに行こうか、みたいなことをさらっと言ったら、桃李さんが「僕は…大丈夫です、明日までは我慢します」って仰っていて」と断られてしまったそう。

広瀬さんが「私たちもその日、監督と一緒にコンビニのご飯にしました」と結末を話すと…

松坂さんは「いやいやいや…行けばいいのに…」と苦笑いしていました。映画『流浪の月』は、全国公開中です。