暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。
今回は健康食品の適正利用を若年層向けに呼びかける「磨け! 選択眼 『サプリは「魔法のクスリ」じゃない。』」についてや、都が作成した高校生・若者向けの消費者や情報社会を学ぶための「消費者教育教材」を紹介しました。

◆“サプリは「魔法のクスリ」じゃない。”

都の食品安全情報サイト「食品衛生の窓」に、健康食品の適正利用に関して情報を発信する専用ページができました。

ウェブサイト「食品衛生の窓」内にあるアイコン「健康食品ナビ」に開設された専用ページ「磨け! 選択眼 『サプリは「魔法のクスリ」じゃない。』」は、若年層向けに、健康食品を適正に利用するためのヒントを紹介するものです。

「選択眼」の磨き方の三か条として、「知る」「考える」「見極める」ためのポイントが分かりやすく紹介されているほか、歌って、踊って、楽しく、正しく選択できる目を磨く、「磨け! 選択眼 『サプリは「魔法のクスリ」じゃない。』」オリジナルダンス動画が紹介されています。

ダンス動画は、おそろいのTシャツを着て踊る、都立狛江高校ダンス部によるパフォーマンス動画もあります。

この「磨け! 選択眼 『サプリは「魔法のクスリ」じゃない。』」の音楽や歌詞、楽譜は専用ページからダウンロードすることもできます。

関連リンクhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/29/27.htmlhttps://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/sentaku_gan/2020.html◆「消費者教育教材」新作&改訂版

消費生活に必要な知識を分かりやすく学ぶための教材「消費者教育教材」の2020年度版が完成しました。

消費者教育教材2020年度版の高校生・若者向け新作DVDは、これからのキャッシュレス社会において健全な家計管理を行うために何が大切であるかが学習できる教材で、「お金の払い方ってこんなにあるの!? 〜多様化する支払い方法」「あたりまえだろ? 借りた金を返すのは 〜多重債務の恐怖」「家計も食事も、バランスが大事 〜家計のマネジメント」の3つの章で構成されています。

東京都消費生活総合センターおよび東京都多摩消費生活センターの図書資料室で、無料で貸し出し・視聴を行なっています。

また、中学生向けWeb教材「情報社会を泳ぎきる! かしこいヒツジへの道」は、トラブル事例を現状に合わせて、契約の基本ルールとトラブル回避の方法が学習できるなどの改訂がされました。

2015年度に作成された「カートくんの買い物☆なびげ〜しょん」は、買い物疑似体験に、QRコード決済とクレジットカード決済が追加されるなどの改訂がされました。

詳しくは、ウェブサイト「東京くらしWEB」をご覧ください。

関連リンクhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/24/09.htmlhttps://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/kyoiku_video/https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/kyoiku_web/https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/29/27.html◆“まん延防止期間”知事メッセージ

新型コロナウイルス感染症の「まん延防止等重点措置期間」について、小池知事のメッセージ動画が発信されています。

(小池知事メッセージ動画)「皆さん、今、『重点措置期間』に入っています。私たちは、感染力が強い変異株の脅威に直面しています。これまでと同じ行動では、感染拡大を 食い止めることができません。東京都は、『3つの徹底した取り組み』を実施いたします。

第1に、人の流れを徹底して抑え込みます。コロナは、人から人へ移ることで生き延びるのです。コロナに利用されないためにも、都民・事業者の皆さま、外出は控え、テレワークなどの一層の活用をお願いいたします。

第2に、戦略的・集中的な検査の拡充などで、あらゆる場面のリスクを抑え込みます。

第3に医療提供体制などの強化を進めます。お一人お一人の、『感染しない、させない』ための行動が都民の命を守り、未来を切りひらくことにつながります。新たな局面を迎えた今こそ、みんなの力を結集しましょう。よろしくお願いします」

都は、「まん延防止等重点措置期間」において、都県境を越える外出の自粛や、GW中の旅行の延期など、大都市圏の往来自粛。日中を含め、外出は必要最小限に。

「昼カラ」は控え、歓迎会や路上飲みはなし。オンライン会議などの活用といった、都内の人流抑制に、引き続き協力を呼びかけています。

関連リンクhttps://tokyodouga.jp/iddkubsyvra.html<番組概要>番組名:東京インフォメーション放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20キャスター:久保井朝美、中村美公番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/