暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。
今回は競泳で選手に合図を出しターンのタイミングなどを伝える『タッパー』として2020 東京大会で金メダルを支えた寺西真人さんを紹介しました。

◆Our Legacy 「タッパー 寺西真人」

東京パラリンピックの競泳、視覚障害のクラスで金メダルを獲得した、木村敬一選手。その活躍を陰で支えたのが、タッパーの寺西真人さん。視覚障害の選手に合図を出し、ターンのタイミングなどを伝える、タッパー。寺西さんは、日本の第一人者です。(寺西真人さん)「今回の東京2020大会で、木村選手は、タッチ差の勝負になると分かっていたので、なにがなんでも、彼の実力を100%出して、金メダルを獲らせてやろうと、そういう気持ちで、一緒にやっていました。やっぱり0.01秒を争う競技なので、叩いてそのままゴールタッチか、叩いて次の手が回ってきてからタッチかだと、それだけで0.5秒とか変わってしまうので。種目により、それから選手により、僕らも確実にタップしやすい場所を探して、合図をするようにしています」選手の目となってサポートするタッパー。合図を送るわずかなタイミングの差でメダルの色が変わるといわれる、重要な役割です。東京パラリンピックに出場した石浦選手からは…。(石浦智美選手)「0.0何秒を争う競技なので、タッパーとの相性次第でタイムが変わってきてしまうので、とても欠かせない存在です。信頼関係で成り立っているので、コミュニケーションが取れていないと、いざ、レースでというのは難しいという特徴がある」これまで、3人のメダリストを支えてきた寺西さん。日本に視覚障害者の水泳が普及していなかった時代に、独学で技術を学びました。(寺西真人さん)「当時、インターネットとかないですから、写真とか説明してもらって、『こういうことを世界ではやるんだ』と知った。そこから、今度は教科書にも載ってなくて誰に聞いても分からないので、自分なりに、叩きやすい棒を作ろうというところから、モップの柄や突っ張り棒、いろいろな長い棒を持って、タップ棒を作り始めた。選手や種目によっても、合図を出す距離が違いますし、棒は何本も必要になってくる」試行錯誤を繰り返し、多くの選手をパラリンピックの舞台へと導いてきた寺西さん。特に心がけていることが…。(寺西真人さん)「自分が乗り移って、一緒に泳いでいる感覚なんです。その方が、合図のタイミングを取りやすいので。ここだと思ったところにポーンと合図を出してやるということで、それを言うと木村選手は『ただ立ってるだけでしょ』と言うんですけど、彼が50mを4回、泳いだら、自分も50mを4回、泳いでいるような感覚で、彼の目になったつもりで合図を出すつもりで、いつもやっています」寺西さんが思い描く未来とは…。(寺西真人さん)「パラ水泳に関していえば、僕の後を継いでくれるような、指導側に回ってくれる人がいれば、僕はできる限りアドバイスをしていきたいですし。ハンディキャップをもった子たちが、スポーツじゃなくても、音楽とか芸術でもいいと思うんですけど、ひとつ目標をもって、『自分もやってみたい』と思えるような、前向きに一歩を踏み出せるような刺激になればいいと思います」ターニングポイントで迷わないよう、選手と一体となって、ゴールを目指します。<番組概要>番組名:東京インフォメーション放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20キャスター:久保井朝美、中村美公番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/