映画『ウェディング・ハイ』の完成披露イベントに、主演の篠原涼子さんらメインキャストが登壇しました。

篠原さんは「ホントにとにかく笑える作品なので、何も考えないで観て、とにかくゲラゲラ笑えるような気持ちになって、今日は劇場を後にして頂けたらと思います」と挨拶しました。

映画は、敏腕ウェディングプランナーが、新郎新婦のために難題をクリアしようと奮闘する姿を描いた群像コメディー。

くせ者揃いの登場人物たちということで、共演者の中で「誰が一番くせ者」なのか、中村倫也さんに伺うと…?

「向井理だと思うんですよね」と中村さん。

その理由を「やっぱりね、ボケが分かりづらい」と説明。

「自分の2m先ぐらいまでしか聞こえない小声で、ずっとボケてるんですよ」と明かして、

「非常にね、クセ者ですね」と激白しました。

MCから「向井さんはその自覚はあるんですか?」と聞かれた向井さんは、「あります」と明言していました。

映画『ウェディング・ハイ』は、3月12日(土)より全国公開です。