TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。10月2日(金)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、作家で歌手のちゃんもも◎さんが“脱・性別化”について述べました。

◆ミスコンは性差別を助長する!?

これまで芸能界やアナウンサーの登竜門にもなっていた大学の「ミスコンテスト(ミスコン)」ですが、近年は性差別や外見差別を助長するなどの理由で批判の声が上がり、性別を不問にしたり、廃止する大学も出ています。

このニュースに、ちゃんもも◎さんは「誰かが傷付くからやめようというやり方があっているのか。何のためにやっているのかをすっ飛ばして表面的なことをしているのではないか」と疑問に感じたと言います。さらには、これまでミスコンに参加した人、関わった人たちの気持ちを察し、「人を差別したかったわけでも、人を見下したくてやったわけではないと思う」と慮ります。

ちゃんもも◎さんは、ミスコンが否定されること自体「おかしい」と主張。そして、自身はコンプレックスがあり、見た目などを気にしていることを明かしつつ、「誰かが素晴らしいと褒め称えられることで、自分が傷つくとかでもない」と語り、今のやり方は違うのではと提言。

そもそも男女で分ける風潮に否定的だそうで、「LGBTQの存在を議論したり、そこに向けた配慮、傷つかないようにすることが多様性の許容じゃないと思う」とちゃんもも◎さん。そして、「それよりも“ストレート”と言われる、これが普通という人間が存在しないものと思って、一人ひとりが、自分を生きやすい世界になってほしい」と願望を述べます。

◆差別だからとなくすのではなく、違う解決を!

世界が変わるためには男女間差別などをなくすのではなく、「一人ひとり、人の愛し方も違うし、家庭環境や人との関わり方も違うのに、長い歴史で固定概念が蔓延っている。それはしょうがないから、そこに関する考え方自体が変われば、ミスがあってもミスターがあったって誰も傷つかない」とちゃんもも◎さん。そして、そうすることで他人も自分も認められる世界になってほしいとも。

しかし、現状ではそれも全然進まず、あらゆる部分でカテゴライズされていますが、「発信する側が伝えていくことで、私たちが出ているメディアを見ている子どもたちがそういう考えを持って、いろいろなことに接していけるようになればいいなと思う」と話します。

プロゴルファーでゴルフ解説者のタケ小山さんは、「まさにそうだと思う」と頷く一方で、「難しい問題」と率直な感想も。かつては学校でテストの順位が貼り出されていたことを引き合いに、「多様性という意味では、どこで誰がどう輝くかはわからない」と意見します。

するとちゃんもも◎さんは同意しつつ、「目に見える幸せの価値観みたいなものが“勉強ができる”、“お金を持っている”とかになってしまっているから、そこでしか順位づけされていないから、(ミスコンなど)なくそうになっちゃうのかな」と推察。ミスコンなどは「私は、あっていいと思う派」と断言。「何でもなくそうではなく、違う解決をしてほしい」と訴えます。

最後にちゃんもも◎さんは、こういった問題へのメディア報道に対し、「将来は結婚して幸せな家庭を作ることが“平凡な幸せ”という教えをまずやめてほしい」と要請。自身がアセクシュアルであることを打ち明け、「人のことを大切にしたいし愛せるけど、恋愛感情は小さい頃から持てなくて。ずっと違和感があって、肩の荷が下りるのに時間がかかった」と吐露。そして、“愛”に関して「人それぞれだと思う」と前置き、「私は自分が生まれてきた命を最後まで生きるし、人の命に対してとやかく言わない。あとは、地球を愛すること。みんな自由に生きてほしい」と話していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>番組名:モーニングCROSS放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/番組Twitter:@morning_cross