暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。
今回は東京選挙フォーラム「FROGMAN氏と考える選挙のミライ」のライブ配信についてや、家庭時間が増えている今「使い捨てプラスチック」削減の東京都からの呼びかけをを紹介しました。

◆「秘密結社 鷹の爪」も参加? FROGMAN氏と考える選挙のミライ

1月29日(金)に、東京選挙フォーラム「FROGMAN氏と考える選挙のミライ」がライブ配信されます。

去年、コロナ禍で行われた東京都知事選挙の投票率は、全体で55%でしたが、選挙期間中から、投票所での“密”を心配する声や、インターネットでの投票を提案する意見が、有権者から聞かれました。

そうしたことを受けて、東京都選挙管理委員会は、選挙の大切さを訴求するアニメーション「鷹の爪団・選挙のススメ」の作者FROGMANさんと、インターネット投票の研究・検証が専門のVOTE FORの市ノ澤充さんによるトークセッション「FROGMAN氏と考える選挙のミライ」を開催します。

インターネット投票の素朴な疑問、選挙の未来に向けた課題や展望について、分かりやすく紹介するということです。

1月29日(金)午後6時から、YouTubeでライブ配信されます。ぜひ、ご覧ください。

関連リンクhttps://www.senkyo.metro.tokyo.lg.jp/vote/forum2020/https://www.youtube.com/watch?v=cghceS_wGT0&feature=youtu.be◆資源を利用して 減らそう! 使い捨てプラスチック

東京都では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、家庭で過ごす時間が増えている今、「使い捨てプラスチック」の削減を呼びかけています。

世界のプラスチックごみは、増加の一途をたどっていて、年間3億tを超えるといわれています。日本人1人あたりのプラスチック容器包装廃棄量は、世界的にも非常に多いという調査もあります。

荒川河川敷の清掃活動を行なった結果、散らかっていたごみの多くが、ペットボトルを含めた容器包装など、一度しか使われないプラスチックごみでした。

プラスチックが川を通じ、海に流れ出していくことも問題となっています。海洋プラスチックによる海の汚染は、今、地球規模で広がっていて、海の生き物たちに様々な被害をもたらしています。

2015年に発表された研究によると、最低でも毎年800万tものプラスチックが海に流れ込んでいると報告されました。

こうして溜まった海洋プラスチックの量は、約1.5億t。これは、海に住む魚の重さの約5分の1にあたり、2050年には、海に住む魚の重さを超えると予想されています。

また、プラスチックの生産・流通・消費・使用後の処理までの過程の全体で、大量のCO2が排出されます。

使い捨てプラスチックを減らしていくために、私たちにできることがないか、考えてみましょう。マイボトル、マイはしを携帯すれば、使い捨てのカップやフォークを減らすことができます。

無駄な包装の少ない商品や詰め替えできる商品、量り売りされている商品を選ぶこと、使用済みのプラスチックは分別し、リサイクルをすることも大切です。

そして、ごみを散らかさないこと。カラスなどの被害からごみ集積所を守ることも、ごみ散乱防止に必要です。

使い捨てプラスチックを減らせたら、その生産・消費・廃棄によって排出されるCO2を減らすことができます。

先日、都は、オンラインイベント「米倉れいあとみんなで考える『食品ロス・使い捨てプラスチック』」を開催しました。資源循環推進部公式YouTubeチャンネルに録画データを公開しておりますので、ご覧ください。

使い捨てプラスチックのリデュース、リユース、リサイクル、一人一人の行動が大きな力となります。皆さんの力で地球環境を守っていきましょう。「使い捨てプラスチック」の削減に、ご協力を、よろしくお願いします。

関連リンクhttps://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/resource/recycle/single_use_plastics/index.htmlhttps://www.youtube.com/channel/UC_qZCG-fJhA14ritC2dUoPw<番組概要>番組名:東京インフォメーション放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20キャスター:久保井朝美、平川彩佳番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/