映画『10万分の1』の大ヒット祈願イベントが東京大神宮で行われ、出演した白濱亜嵐さんや平祐奈さんらがご祈祷しました。

この映画は恋も両思いも、そしてALSという病も全てが初めてだった高校生カップルを描く、感動の純愛ラブストーリーです。

高校生を演じた白濱さんに、ご自身の高校時代について伺うと?「高校1年生の夏に愛媛から上京して、学校終わりずっと竹下通り行って、明治通り歩いて渋谷行ってみたいな毎日を過ごしてましたね」と明かしました。

司会から「絶対にモテモテでしたよね?」と質問されると、白濱さんは「いやいやいや、そんな事ないですよ。モテてないと思います、全然…はい。何か…うん、あんまりモテエピソードないですね」と答えていました。

映画『10万分の1』は、11月27日(金)より全国公開です。