TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。5月20日(木)放送の「フラトピ!」では、キャスターの田中陽南が“コロナ禍のおすすめ家電”を取材しました。

◆お掃除ロボットの代名詞ルンバが驚きの進化!

ステイホームが余儀なくされるなか、売り上げが急増しているのがコロナ禍を快適に過ごすための家電。そんなコロナ禍の爆売れ家電を探すため、田中は「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」へ。副店長の原雄一さんにコロナ禍のおすすめ家電を伺います。

まず原さんが紹介してくれたのは、驚きの進化を遂げたお掃除ロボットの代名詞、アイロボット(iRobot)の「ルンバ s9+」(18万6,780円)。

原さんは「コロナ禍において、家庭のなかで家族の方が多く集まっているので、掃除をする頻度が多くなったという点で非常に売れている商品」と言います。

あるアンケートでは、おうち時間の増加から「料理」と「掃除」に時間を費やす人が増加。そのため調理家電や掃除家電の売り上げが好調だとか。なかでも最も売れているのがこの最新式のルンバで、そこには大きな進化が。それは形で、これまでは丸型だったものが、半分が角ばった形となっており、部屋の角まで掃除がより行き届くように。

さらに最大の進化が、新たに追加された自動でゴミを回収する機能。これまでルンバ本体にゴミがたまり、1週間ほどでいっぱいになっていましたが、これは充電時にステーションでゴミを自動回収してくれるので最大2ヵ月はゴミを捨てる手間がかかりません。

◆コロナ禍ならでは、気軽に除菌ができる便利アイテム

続いては、コロナ禍で増えた家族で食卓を囲む機会を充実させてくれるセパレートタイプの電気鍋、オランダ発の家電メーカーPRINCESSの「セパレートポットピュア&ブラック」(2万460円)。

これは鍋に仕切りがあるため、一度に2つの料理を楽しむことができるのが、特徴。例えば、すき焼きとしゃぶしゃぶ。さらには、大人用に辛口、子ども用に甘口といった作り分けもできます。

また、木枠もオシャレなデザインで、そのまま食卓に出せるのも人気の理由だそう。

そして、コロナ禍ならではのお役立ち家電も。それはUV除菌ポータブルクリーナー、レイコップの「RAYCOP GO」(1万9,800円)。

「今までは布団だけに特化されていたが、家のいろいろなもの、例えばぬいぐるみやスマートフォンの画面も除菌できる」と原さんが解説する通り、これは衣服なども除菌可能。しかもなぞるだけと簡単で、なおかつコンパクトに分解することができるので持ち運びも容易。

車のなかやオフィスなど、さまざまな場所で掃除だけでなくUV除菌ができるのが人気の理由です。

さらに、除菌に関するアイテムをもう1つ紹介。それは、箱のなかに携帯電話を入れ、ボタンを押すだけで除菌ができるエアージェイの「UV BOX +ワイヤレス充電器」(5,210円)。

携帯電話のほかにも時計やアクセサリー、歯ブラシなどを入れて除菌することも可能な上、ボックスの上に携帯電話をかざす&置くだけでワイヤレス充電も可能。

スマートフォンは思いのほか汚れていると言われるものの、ウェットティッシュなどでこまめに拭いたりするのも面倒だという気象予報士で防災士の久保井朝美さんは、「こういったものがあれば積極的に除菌ができそう」と興味を示していました。

※この番組の記事一覧を見る <番組概要>番組名:堀潤モーニングFLAG放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX)番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/番組Twitter:@morning_flag