暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。
今回は東京2020大会が開催された東京での様々な取り組み・そこに関わる人々の思いを紹介する『Our Legacy』で、「スポーツクライミング」のコースをデザインするルートセッターの 岡野寛さんを紹介しました。

◆Our Legacy「ルートセッター 岡野寛」東京2020大会が開催された東京を舞台に行われる様々な取り組みや、そこに関わる人々の思いを紹介する『Our Legacy』。今回は、この夏、日本中を沸かせた「スポーツクライミング」を陰で支えたスタッフに会ってきました。訪れたのは、葛飾区東金町運動場スポーツクライミングセンター。東京2020大会で日本が2つのメダルを獲得し注目を集めた、スポーツクライミングの3つの種目、スポード、ボルダリング、リード用の壁を全て備えた、23区内初の施設として、2020年6月にオープンしました。そこで作業していたのは、岡野寛さん。クライミングの壁に、ホールドと呼ばれる突起を設置する、ルートセッターです。(岡野寛さん)「初めてクライミングをする人向けにコースを作っていたところです。初めてやる人が、どういう風にがんばって登れるかなというのを想像しながら、このホールドの場所だったり配置だったりを考えて設置していました」選手や大会のレベルに合わせて、その都度、デザインされる壁。国際資格をもつルートセッターは、岡野さんを含め、日本にまだ6人しかいません。東京2020大会では、日本でただ一人、ルートセッターとして招かれました。(岡野寛さん)「(Q.世界レベルのコースというのは、作るのが難しいですか?)やっぱりレベルが高いですし、例えば、ホールドの角度を1mmとか動かすだけで、登れると登れないの境目を分けるということにもなりますから」1mm単位で試合展開を演出する岡野さんの壁は、まさに職人技。そこには、ある思いが込められています。(岡野寛さん)「ワールドカップで、自分が設定したコースがあったのですが、誰も登れなくて、失敗しちゃったかなと思ったことがあったんですけれど、最期の最後に出てきた選手が、それを登りきってくれて。ただ、その選手も、時間内に簡単に上りきったわけではなくて、何回も落ちながら、だんだんやり方を分かってきて、『もしかしたら、この人は上まで登れるかもしれない』という、会場もそういう雰囲気になってきて、一体感が生まれたのもすごく良かったですね」選手の限界を引き出し、一人でも多くの人に感動を伝えたい。そこに、一切の妥協は許されません。そんな岡野さんが、ルートを作るうえで心がけていることが…。(岡野寛さん)「『こうやって登ると楽しいかな』ということをメッセージとしてコースの中に入れてるんですよね。そういうのを、登ってる人に感じてもらって、『楽しかったな』という気持ちを共有できるようなコースを、今後も作っていきたいと思いますね」岡野さんが思い描く未来とは…。(岡野寛さん)「本当に、クライミングを気軽に、みんなが楽しめるような環境が整ってきて、かつ、クライミングを見て楽しむとか、そういう人たちに、『こういうのができたりして楽しいですよ』とか、ルートセッターとして表現していければと思っていますね」スポーツクライミングのさらなる可能性を求め、ルートを描き続けます。

<番組概要>番組名:東京インフォメーション放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20キャスター:久保井朝美、中村美公番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/