暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。
今回は都が開設した人と触れ合いより安全な街を目指して参加型のイベントを開催する特設サイト「街の安全みまもりタウン」についてや、都税を納付できるスマートフォンの決済アプリが増えたことなどを紹介しました。

◆「街の安全みまもりタウン」開設

東京都は、特設サイト「街の安全みまもりタウン」を開設しました。

「街の安全みまもりタウン」は、街の様子をよく気にかけている人が多く暮らす街「みまもりタウン」を舞台として、街のキャラクター「みまもりぃぬ」が、広報リーダーを務めるタレントの飯島寛樹さんとともに、日々、街を見守りながらたくさんの人と触れ合い、より安全な街を目指す、参加型のイベントを開催している特設サイトです。

現在、開催中のイベントは、「みまもりぃぬふきだし一言コンテスト」です。

写真を選び、みまもりぃぬのふきだしに入る一言コメントを応募すると、投稿された作品の中から、優秀賞などの表彰や、Amazonギフト券などの商品がもらえます。

また、今月中旬からは、街中にいるみまもりぃぬを探して撮影し、SNSに指定のハッシュタグをつけて投稿する、「『みまもりぃぬを探せ』ハッシュタグキャンペーン」が開催されます。

さらに、「街のみまもり」を行う様子や、ふきだし一言コンテスト表彰式の様子を配信する「みまもりタウンムービーシアター」が開催されます。

詳しくは、特設サイト「街の安全みまもりタウン」をご覧ください。分からないことがあれば、画面右下にいる「みまもりぃぬ」をクリックしてメッセージを送信すると、案内してくれます。

関連リンクhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/30/05.htmlhttps://mimamoriland.metro.tokyo.lg.jp/◆“スマートフォンで”都税を納付

都税を納付できるスマートフォン決済アプリが増えました。

都税を納付できるスマートフォン決済アプリは、これまで、LINE Pay、PayPayの2種類でしたが、新たにau PAY、d払い、J-Coin Pay、PayB、モバイルレジの、合わせて5つのアプリが増えました。

これらのアプリを活用した納税の場合、納付書を金融機関やコンビニの窓口に持っていく必要はなく、アプリ内で納付書のバーコードを読み取るだけで、いつでもどこでも簡単に納付することができます。

対象となる税目は、自動車税種別割、固定資産税・都市計画税、不動産取得税、個人事業税などです。

利用方法や、利用できる納付書などの詳細は、主税局のウェブサイトをご確認ください。

関連リンクhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/16/07.htmlhttps://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/common/tozei_nouzei.html#L16◆「外国人材と働くためのハンドブック」

都は、外国人材の採用を検討している中小企業に向けたハンドブックを作成しました。

「外国人材と働くためのハンドブック」は、中小企業における外国人材の活躍促進に向けて、採用にあたって必要な手続きや、留意すべきことなどをまとめたものです。

第1章「『外国人材と働く』とは」では、外国人労働者の現状や採用にあたっての留意点について。第2章「在留資格」では、在留資格の基礎知識や申請におけるポインにについて。第3章「外国人材の採用」では、外国人材の採用計画や求人、書類選考、面接、入社の際のポイントについて。そして、第4章「外国人材の受入体制」では、日本人社員の意識改革やキャリアパスの提示などについて、分かりやすく書かれているほか、外国人材雇用に関してよくある質問が掲載されています。

このハンドブックは、東京外国人材採用ナビセンターのウェブサイトで見ることができます。

関連リンクhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/29/15.htmlhttps://tir-navicenter.metro.tokyo.lg.jp/howto/<番組概要>番組名:東京インフォメーション放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20キャスター:久保井朝美、中村美公番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/