男性4人組歌謡グループ「純烈」が初主演する映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』の公開記念イベントが行われました。

映画は、スーパー銭湯のアイドルとして、歌謡界を駆け上がる「純烈」がヒーローとなり、全国の温泉施設の平和を乱す悪と戦う物語。

今作で、悪の女王フローデワルサを演じた小林幸子さんが、その役柄について…

「私、フローデワルサやって、自分で思ったんですけどね。いやコレね、私以外にやる人いないなぁっと自分で自負してたんですけどね、あっ1人だけいたーっと思って。LiLiCoちゃん」と語った小林さん。

それを聞いたLiLiCoさんの夫で純烈の小田井涼平さんは、「まま、できなくはないですけども」と受けてから、

「奥さんを我々が切り倒すって、僕恐ろしくてできないです」と言い、笑いを誘っていました。

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』は、全国公開中です。