TOKYO MX(地上波9ch)では新春特番『東京藝大で教わる西洋美術の見かた』を、1月2日(日)16:00から放送します。
解説に東京藝術大学の佐藤直樹准教授を迎え、ゲストには松尾貴史さん、篠原ともえさんが出演します。

 この番組では、ベストセラー『東京藝大で教わる西洋美術の見かた』(世界文化社)の著者で東京藝術大学の佐藤直樹准教授を迎え、藝大の授業そのままに、初心者には「美術鑑賞のコツ」を分かりやすく、美術ファンには「そうだったのか!」と膝を打つ解説を、ルネサンスの巨人ラファエッロをテーマにお届けします。

 「バランスよく作品を知るより、個々の作品に対する具体的なアプローチを学んだ方が、実は美術鑑賞のコツを得るには手っ取り早い」という佐藤准教授。

 ダ・ヴィンチやミケランジェロを手本に自分の世界を作り上げていった技術、版画を使ってヨーロッパに自作を流布させた戦略、アルプスを越えたドイツの画家との交流など、ラファエッロについて深掘りします。

 さらに、東京藝術大学の全面協力のもと、作品に取り組む藝大生の様子や様々な施設も紹介します。 どうぞお楽しみに!

 放送はTOKYO MXのほか、無料動画配信サービス「エムキャス」で、全国から番組がリアルタイムで視聴可能です。「エムキャス」はアプリまたはPCサイトから無料で視聴ができます。詳しくは「エムキャスとは」のページをご覧ください。

<番組概要>番組名: 東京藝大で教わる西洋美術の見かた放送日時: 2022年1月2日(日)16:00〜17:45 <TOKYO MX1>スマホアプリ/Webサイト「エムキャス」にてリアルタイム配信

出演:<解説>佐藤直樹(東京藝術大学准教授)<ゲスト> 松尾貴史、篠原ともえ

※放送日時・内容は編成の都合上、変更の可能性があります。予めご了承ください。