TOKYO MX(地上波9ch)の月曜ドラマ『青きヴァンパイアの悩み』。3月8日(月)夜10時から第5話放送です!
第5話では、桐山漣さん演じる蒼とゆうたろうさん演じる葵が<男らしさ強化セミナー>に参加して、ゲスト出演の瀧川鯉八さん演じる八角と出会います。果たして八角が抱える事情とは!?
蒼と葵が<男らしさ強化セミナー>に参加したきっかけは、先輩ヴァンパイアから「男らしくなれ」と言われたことでした。なぜ2人は“男らしさ”を求められたのか?そして、2人が「“男らしさ”とは何か?」を見い出すことができるのか?ぜひご注目ください。

第5話・第6話に出演の瀧川鯉八さんと大藪役・芹澤興人さん、岸岡役・吉田ウーロン太さんから、第5話の見どころコメントが届きました。

【瀧川鯉八さん(八角二郎役)コメント】1話から楽しく観ているこのドラマの5、6話に出演させていただき嬉しいです。普段は落語をひとりでやっているので、たくさんの人が関わる撮影がとても新鮮でした。ここまでのコメディタッチな物語と少し違った5話を楽しんでもらえたらと思います。少し重いテーマになってるかもしれませんが、実は身近で誰にでも起こりうる他人事ではない役どころです。月曜日の夜にぜひ楽しんでください。

【芹澤興人さん(大藪春樹役)コメント】5話で蒼と葵に立ちはだかるテーマは「男らしさ」です。これまでの青ヴァンよりも、ちょっと生々しくヒリヒリした世界が外に広がっています。一方「男らしさ」からは程遠い僕たち常連客は喫茶「夜の子どもたち」でいつも通りぬくぬくできてるんでしょうか?そんな対比も楽しんで頂けたら嬉しいです。是非ご覧下さい!

【吉田ウーロン太さん(岸岡太一役)コメント】第5話のテーマは“男らしさ”。今どきどうかと思うテーマを、今だからこその切り口で描くのが「青ヴァン」でございます。蒼と葵は男らしくなれるのか?ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。そして何より5話で大きく変わった点は、監督が違う!1話から4話までは井口昇監督でしたが、5話は石井純監督。我々出演者は如実に感じたことですが、井口監督と石井監督の演出方法は全く違います。ご覧になる皆様も、今までとの雰囲気の差を感じていただければ、より一層楽しめるのではないかと思います。引き続きご愛顧の程よろしくお願いいたします。

【第5話あらすじ】先輩ヴァンパイアたちから「男らしくなれ」と言われた蒼(桐山漣)と葵(ゆうたろう)は、岸岡(吉田ウーロン太)の勧めで<男らしさ強化セミナー>に参加することに。セミナーで2人は、八角二郎(瀧川鯉八)と出会うが、蒼は八角が深刻な問題を抱えているように思えて気になる。八角を尾行する蒼と葵。家庭では妻と娘に囲まれて幸せそうな八角だったが、翌朝の彼の行動は意外なものだった…。

【第5話放送日時】3月8日(月) 22:00〜22:30<TOKYO MX1>

【ドラマあらすじ】深夜の喫茶店営業で生計を立てていた自分の力で一度も血を吸った事がない“青き(=未熟な)のヴァンパイア”の蒼(桐山漣)と 葵(ゆうたろう)。新型コロナの影響で、ルーマニアにあるヴァンパイア協会本部から毎月送られていた血液の配給が停止してしまった!「ヴァンパイアは人間を襲って血を吸えるようになってはじめて一人前になれる」と、人間に近づいて血を吸おうとするが、人間だった時の記憶や、元来の優しさなどが邪魔してしまい――。そんな中、彼らがとった行動とは……?コロナ禍で私たちの知らないところで、密かに繰り広げられていた!? 悩ましき吸血鬼たちのオリジナルドラマストーリー。

<番組概要>タイトル:青きヴァンパイアの悩み放送日時:毎週月曜22:00〜22:30<TOKYO MX1>出演:桐山漣、ゆうたろう、谷口めぐ、芹澤興人、伊島空、護あさな、吉田ウーロン太 ほか※漣はさんずいに連が正式表記原作・脚本:アサダアツシオープニング主題歌:ZAQ「月灯」(ランティス)エンディング主題歌:Ran「せかい」(ビーイング)製作著作:TOKYO MX

配信情報:スマホアプリ/Webサイト「エムキャス」にて全国無料でリアルタイム配信。見逃し配信として、最新話放送から1週間は「エムキャス」にて全国無料で視聴可能。また、「TELASA」、「auスマートパスプレミアム 」、「J:COMオンデマンド」、「milplus」にてMX放送後から随時公開。最新話まで見放題独占配信!

番組ホームページ:https://s.mxtv.jp/drama/mx9_vampire/Twitter:https://twitter.com/mx9_vampireInstagram:https://www.instagram.com/mx9_vampire