映画『ソー:ラブ&サンダー』の大ヒット祈願イベントが行われ、雷神ソーの吹替を担当している三宅健太さんと、この映画の宣伝アンバサダーである「見取り図」が出席しました。

この映画は、雷神ソーとマイティ・ソーに姿を変えた元恋人のジェーンが、神殺しのゴアに立ち向かうロック・バトル・アドベンチャーです。

会場には雷つながりで、この方が登場しました。

「日本の雷様といえばこの方!」と紹介され、スモークの中から高木ブーさんが姿を現すと、

三宅さんは「ずっと子どもの時からテレビで拝見している神様ですから」と興奮ぎみ。「涙が出てきちゃって…」と喜んでいました。

司会から「今回の最新作はどんなところに期待していますか?」と問われた高木さんは、チラッとどこかを見て…

「ソーですね」とコメント。

見取り図の盛山さんが「これ完全に言わされてますよね」と突っ込むと、高木さんは「あははははは」と大笑い。

盛山さんが「だって見たことない『ソーですね』だけのカンペ出てるんです…」と裏側を暴露すると、相方のリリーさんはポツリと「ソーですね」とつぶやいていました。

映画『ソー:ラブ&サンダー』は、7月8日(金)より全国公開です。