優雅で気品漂う…庭園美術館「ミュージアムショップ」の魅力

“東京で働く。東京で生きる。”をコンセプトに、東京の街を支えるさまざまなスペシャリストをクローズアップするTOKYO MXの番組「東京JOBS」。7月11日(水)の放送では、東京都庭園美術館のグッズを販売するミュージアムショップのスタッフを紹介しました。

お話をうかがったのは、庭園美術館ミュージアムショップ副店長の武智織沙さん。館内には、展覧会の内容に合わせたグッズを販売する「ノワール」と、庭園美術館の“顔”である「旧朝香宮邸」をイメージしたオリジナルグッズを主に扱う「ブラン」があり、武智さんはこの2つのショップを切り盛りしています。


「とても雰囲気の良い美術館なので、その空気を壊さないように接客したり、商品を決めたりするよう心がけている」と武智さん。オリジナルグッズのコンセプトについて、「アール・デコ様式の邸宅に暮らしている人が使っていそうなものを目指しています。クオリティは高いけれど、価格的にも手を出しやすく、他にはないような商品を意識して作っている」と言います。

武智さんは庭園美術館のシンボルでもある旧朝香宮邸について、「建物自体が作品のよう。なかに入ったときの空間や雰囲気がとても魅力的。照明や通気口など一つひとつが凝っていて、調和が取れた空間を成していることがとても素敵」と感じているとか。

武智さんおすすめのオリジナルグッズは“ブックマーカー”だそうです。「旧朝香宮亭の階段のうえにある大きな照明がモチーフ。照明の模様を切り取って、透けているような感じになっています」と話す通り、細部までこだわりの詰まった商品です。


オリジナルグッズはもちろん、展覧会に合わせた商品の選定もする武智さんは、「ミュージアムショップは優雅で気品のある商品を数多く取り扱っています。他のショップにはない商品が並んでいるので、ぜひ手に取って、楽しみ、ワクワクしながなら、お買い物していただきたい」と仕事への想いを語りました。


ホラン千秋は「オリジナルグッズを扱う『ブラン』は、庭園美術館のチケットがなくても入れるので、新しい商品が出ていないかチェックしに訪れるリピーターも多いそうです。私も来た思い出に何か買って帰ろうかな」と話し、店内にズラリと並ぶグッズに目を輝かせていました。

<番組概要>
番組名:東京JOBS
放送日時:毎週水曜 21:54〜22:00
ナビゲーター:ホラン千秋
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/tokyojobs/


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索