ナポリタン、ラーメン、ジェラート…八王子のご当地グルメの味は?

ディープな東京の魅力を発信するTOKYO MXの番組「東京クラッソ!NEO」。8月5日(日)の放送では、お笑いコンビ・三拍子の久保孝真さんと高倉陵さんが八王子の魅力あるスポットを巡りました。

◆信長の「安土城」の石垣を真似たという山城
最初に2人が訪れたのは、JR八王子駅から西へ9㎞ほどの場所にある「八王子城跡」。戦国時代、関東一円を治めた武将・北条氏照の巨大な山城の跡です。
広さは約150haで代々木公園のおよそ3倍の面積を誇ったと伝えられています。

東京大学の本郷和人教授の案内で、山頂まで約2時間のトレッキングを開始すると、最初に見えてきたのは「大手門」。ここは、狭い参道に殺到する敵兵を櫓(やぐら)のうえから攻撃する役割を果たしていました。さらに5分ほど歩くと、雑に石を積んだ石垣が特徴の「御主殿跡」に辿り着きます。本郷教授によると、戦国時代、関東では石垣を積んだ城はほかにはなかったそうです。北条氏照は交流があった織田信長の「安土城」を参考に、見よう見まねで石垣を造ったため石が乱雑な積み方になったと考えられると言います。

苦手な山道にお疲れ気味の久保さんでしたが、山から見下ろす新宿のビル群などの景色を見て「スゴイ!」と興奮。やっとの思いで山頂の本丸に到着すると「ここで合戦があったんだ……」と感慨深そうな様子でした。


◆ARアプリで戦国時代の合戦が蘇る
続いて「滝山城跡」を訪れた2人。現在は、都立滝山公園として整備されているこの場所では、スマホの“ARアプリ”を使った城巡りが楽しめます。NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会の尾熊治郎さんの案内で、公園内にある看板にスマホをかざすと、戦国時代の滝山城や合戦などの様子がCGアニメーションで現れます。目の前に広がる現実の風景とCGの映像が重ねて表示されるARアプリに、高倉さんは「面白い!」と思わず叫んでいました。


◆ご当地グルメが人気の「道の駅 八王子滝山」
最後に訪れたのは「道の駅 八王子滝山」。名誉館長の芥川麻実子さんによると、八王子は東京都で一番農家の数が多く、農産物の生産高も一番の自治体だそう。館内にも八王子産のさまざまな野菜が並んでいます。ここでは商品が売れると、生産者の携帯電話にすぐに情報が伝わる「POSシステム」を採用。常に新鮮な野菜を補充できるメリットがあるそうです。

また、八王子は江戸時代から養蚕業が盛んな土地。蚕の繭で角質を取る「まゆでつるつる」(108円)などの美容グッズも人気です。このほか館内では八王子の人気ご当地グルメを食べることができます。ラードを浮かせた醤油スープに刻み玉ねぎをタップリ乗せた「八王子ラーメン」(650円)を食べた高倉さんは「玉ねぎが全然辛くなくておいしい!」と箸が止まらない様子。トマトソースと生玉ねぎの甘味が人気の「八王子ナポリタン」(780円)を口にした久保さんも、「おいしい。トマトがいい!」とご当地グルメを堪能していました。


◆地元の酪農家による手作り“ジェラート”
館内にある「ミルクアイスMO-MO」は、地元の酪農家が営む手作りジェラート店。数多くある種類のなかでも八王子名産のブルーベリー(350円)と完熟梅のジェラート(350円)が人気だそうです。
ブルーベリーを食べた高倉さんは「甘みのなかにちょっと酸味を感じてうまい!」と絶賛。完熟梅を口にした久保さんは、「うまい! さっぱりしている。真夏(に食べるの)が一番いい」と舌鼓を打っていました。


<番組概要>
番組名:東京クラッソ!NEO
放送日時:毎週日曜 21:29〜22:00
司会:関根勤、本田朋子
番組Webサイト:番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/tokyo_crasso_neo/


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索