27日朝に放送されたテレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」にコメンテーターとして出演したタレントの長嶋一茂(54)が、新型コロナウイルス禍について持論を述べた。

 居住しているハワイでは「外出禁止で、違反すると罰金か1年以下の懲役」と説明し「日本でもそこまですれば拡大は防げるけど、経済的にどうなるか」と、東京都では小池百合子知事の外出自粛要請にとどまっていることに触れた。

 番組では冒頭から、自粛要請にもかかわらず高田馬場駅前で夜間に大学生が酔って大縄跳びをしたり、大声で合唱するなど騒ぐ様子を映し、“コロナ疲れ”から緩みが生じている可能性を論じた。一茂は「若い人たちは“症状がないなら大丈夫”と考えてるのかもしれないけど、一方で志村けんさん、70歳ですけど、僕もビクッとしましたが、感染したっていう…若い子たちは、まあ縄跳びしたり“俺たちはかかっても大丈夫”って、エネルギーがあるから、自粛っていっても、そうはいっても遊びたい。僕だって若い時ならいってたかも。ただ、高齢の方にうつす可能性があることは考えてほしい」と注意を喚起した。

 その後、26日夜に阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(25)がコロナ感染「陽性」と判明したことが取り上げられると一茂は「若くても発症するってことですわ」と、若い世代にコロナ禍の深刻さを理解するよう促した。