タレントのマリエ(33)が15日未明、インスタライブを配信した。「自殺したかったのは私」と告白した。

 通常、ビューワーは数十人とのことだが、注目の人ということで600人ほどに膨れ上がった。マリエは「何にも言わないよ。衝撃的なこと。衝撃的なことを期待している人は寝てください〜。この後、すごいこと言うよ、とか言うとビューワー数上がるのかしら、バーカ(笑い)。こんなブラックジョークばっかり言ってるから嫌われちゃう」とジョークめかした。

 コメントでは、元タレントの島田紳助氏から肉体関係を迫られたことを告白したマリエへのエールが多数届いた。その一方で批判的なコメントも散見された。それに対し「なんで私が反省しなきゃいけない」「自殺したかったのは私だけど、被害者はどっち。つるし上げたかったわけじゃない。何度でも私は言うわ。ここ切り取られるんでしょうね。誰かをどうではなくて、次の世代を素晴らしい世代につなげよう、みんなで。私はこのまま愛を伝え続けていくわ」と言い切った。

 一連の騒動について具体的に触れることはなかったが、「真実は一つだけだわ。もう一回言っとくけど、告発とかじゃないので」「ここ何日もずっと眠れてなくて」「私は元気だよ。ウソもついてないし」「明日朝起きたら怒られるんだろうなあ。お前またインスタライブやってたろって。いいのよ」などと話した。

 ネットニュースの主役になっていることに「結構炎上させたよ。炎上させて喜んでないから。炎上させるつもりもないし。これ以上ヤダよ、私も。めんどくさい」「誰ともケンカするつもりはない。ただ真実を伝えて、問題をデザインしているだけ」と〝終結宣言〟まで飛び出した。

 ちなみに「ちょっと何言ってるのか分からない」とサンドウィッチマンがよく使うフレーズを連発。「本当にサンドウィッチマンが好き。いいよ、嫌われたって。一方通行の愛で構わない」と明かした。「マジ見たくない!」と糾弾した出川哲朗とは違って、ラジオなどをよく聴いているようだ。