吉本興業がケンカ別れした宮迫博之(51)に対し、ついに〝実力行使〟に出た。一部報道によると、吉本は宮迫に対し、直接吉本芸人をブッキングしないよう、申し入れをしたという。事実上の〝共演NG〟を通告した形だ。

 チャンネル登録者数が140万人もいるユーチューブチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」の中でも、吉本芸人とのコラボは人気企画で、再生回数も多かった。犬猿の仲と言われていた千原ジュニアと対談し、大きなニュースになったことは記憶に新しいだろう。

「吉本の方から今後、所属芸人を起用する場合は直ではなく、会社を通すようにと申し入れがあったようだ。スケジュール管理のためとしているが、吉本内でも大﨑洋会長を筆頭にいつまでも吉本の名前で商売をするなという意見は多かった」(芸能関係者)

 大崎会長は2月、写真誌フライデーで「(吉本に戻りたいと言う宮迫に)いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちユーチューブでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」とバッサリ斬り捨てていた。

 これまで宮迫が個人的ルートでオファーを掛け、芸人サイドが受けるという形が多かった。「芸人から言われると、マネジャーはダメですと言いづらい。そのため吉本で一元管理することにしたということ。事実上、宮迫のチャンネルには吉本芸人を出さないという強い決意の表れ」(前同)

 いまだ吉本内での宮迫アレルギーの強さが明らかになった格好だ。

「辞めてユーチューバーになってからの宮迫は、かなり稼いでいる。それに吉本芸人が〝貢献〟しているということが許せなかったという面もあるのでは」(お笑い関係者)

 吉本と宮迫の関係修復の日は来るのか。