昨年いっぱいで吉本興業を退社したお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(38)が業界内から総スカン状態になっている。現場で自分勝手な行動が目立ち、周囲があきれ果てているというのだが、それだけではなく、〝業界のルール〟まで破ったというのだ。関係者からは「このままではテレビから追放されるかも」といった声も上がっている。

 2004年に吉本の養成所である吉本総合芸能学院(NSC)東京校に入学したオリラジは、在学中にM―1グランプリで準決勝に進出するなど、早くから活躍した。だが昨年いっぱいで、実に17年間にわたって在籍した吉本を2人揃って退社した。

 この決断について藤森は昨年暮れ、相方の中田敦彦とともにユーチューブで「吉本興業卒業会見」を開き、事情を説明。それによると、まず12月上旬に中田が退社することを決め、中田からLINEで報告された藤森は半月ほど悩んだが、一緒に退社する決意を固めたという。

 その後、中田はシンガポールに移住し、ユーチューブなどSNSを主戦場に活動。一方、藤森は吉本所属の時と変わらず、テレビを中心に活動しているが、「退所後の彼の行動にみんな困っているんです」と言うのはテレビ局関係者だ。

「吉本を辞めた藤森にはテレビ番組をはじめ、様々なオファーが持ち込まれた。ただ、マネジャーがいないので藤森本人と電話などで打ち合わせするが、いざ現場に来ると『話が違う!』などと言う。電話ではOKしていたはずなのに、現場でトラブルになるケースが多発している」

 それだけではない。最近では身勝手な行動が目立ちはじめたという。

「先日、現場にハーフモデル風の美女を連れてきたというんです。彼女なのかどうなのか分からないけど、撮影の合間にはその美女の肩や腰に手を回すなどして、大ヒンシュクだったとか。いくら〝チャラ男〟のキャラだとしても、実際にやったらダメですよね」(前同)

 さらにこんな声もある。制作会社幹部は「藤森の〝芸能界のルール違反〟というべき行動が発覚したんです」と言うから穏やかではない。

「藤森は契約終了後、吉本興業を退社する直前まで担当していた女性マネジャーを引き抜いたんです。マネジャーは3月末に吉本を辞め、4月から藤森に付いている。最初から一緒に辞めると吉本に話しているなら分かるけど、退社後に引き抜いたとなると、芸能界ではルール違反と言われても仕方がない」(前同)

 また藤森は、1月28日に初の著書「PRIDELESS 受け入れるが正解」を出版したが、「その内容にもみんな怒っていた」と言うのは前出のテレビ局関係者だ。

 藤森は同書で「テレビはちょっと非効率で、才能の浪費をしているというところがある」「テレビならではの豪華さや華やかさもあるんだけど、ユーチューブなどの軽やかさや、『すべては自分次第』という緊迫感、やりがいも捨てがたい」などと記している。

「退社する際、吉本の恩情でレギュラー番組はそのまま継続することができたのに、自身の本でテレビ批判のようなことを展開するなんて。多くのテレビマンが『裏切られた』と思ったようだ」(前同)

 吉本といえば先日、闇営業騒動で退社した宮迫博之に対し、吉本芸人を直接ブッキングしないよう、申し入れたと一部で報じられた。また同じく闇営業騒動で、自身が提案したエージェント契約を勝ち取ったものの、今年3月いっぱいで契約解除となった加藤浩次が「粛清されるのでは?」とささやかれている。

「その点、藤森は円満退社と強調しているが、こんな行動をしていては、吉本よりもテレビ局の方から〝三くだり半〟を突き付けられかねない。いずれレギュラー番組もなくなり、業界中からソッポを向かれてしまうのでは」(前出の制作会社幹部)

 藤森の方が、加藤より早く〝粛清〟されるかもしれない?

【吉本退社後も順調】藤森は吉本退社後もテレビから消えることなく、「王様のブランチ」(TBS)、「みんなでBINGOLF」(テレビ東京=「日曜ゴルフっしょ!」をリニューアル)、「PS純金」(中京テレビ)のレギュラー番組は継続。さらに新番組「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日』」も始まった。

 その一方で「爆報!THEフライデー」(TBS)、「火曜サプライズ」(日本テレビ)と2つのレギュラー番組は終了した。まるで藤森を狙い撃ちにしたかのようなタイミングだが「偶然が重なっただけ。テレビ局の都合で終了が決まった」(テレビ局関係者)。

 また力を入れているユーチューブも好評で、チャンネル登録者数は70万人を超えた。現在のところは順調そのものだが、一寸先は闇。あぐらをかいていると、落とし穴にはまってもおかしくない。