ギネスワールドレコーズジャパン株式会社は20日、香川県在住の炭山ウメノさん、大分県在住の兒玉コウメさんを107歳300日(9月1日時点)の「史上最高齢の一卵性双生児女性」および「存命中の最高齢の一卵性双生児女性」に認定したことを発表した。前記録保持者の成田きんさん(2000年1月没)、蟹江ぎんさん(2001年2月没)の107歳175日を更新し、世界一長寿の双子姉妹となった。

 ウメノさん、コウメさんは1913(大正2)年11月5日生まれ。徳川家最後の将軍・慶喜が亡くなる9日前だ。ウメノさんは11人きょうだいの3番目(長女)、コウメさんは4番目(次女)として誕生し、幼少期は双子を理由にイジメに遭っていたという。それぞれ4人、3人の子供に恵まれ、現在はともに介護施設で暮らしている。

 親族によると、2人とも社交的で明るい人柄。70歳過ぎから四国霊場八十八か所巡礼を始め、一緒に各所を巡ったこともある。前記録保持者である「きんさん、ぎんさん」の記録はかねて認識しており、冗談交じりに記録について口にしたこともあるという。

 新型コロナウイルス禍のためギネス認定証は郵送され、施設の関係者から贈呈。コウメさんは現在、記録達成を認識することは困難だが、ウメノさんは認定証を受け取った際に涙を流して喜んだという。なお、今回のギネス記録は家族の申請によって情報の確認が開始され、登録に至った。