人気ユーチューバーのシバター(35)が「コンビニ前パーティー騒音トラブル」の余波が続くイケメン5人組ユーチューバー「コムドット」への加入を一方的に発表した。

 シバターは24日夜に自身のユーチューブチャンネルでタイトル「シバターがコムドットに加入する件について」で動画を更新。冒頭から真面目な表情で「私、シバター、10月1日からコムドットのメンバーの一員として活動することになりました。入ることに決まりました」と発表。ただし「永続的な加入」ではなく「一時加入」だとのこと。

 理由は「メンバーの教育」「動画をより面白くするため」との2つをあげた。シバターはコムドットについては以前から「礼儀を知らない」「俺をヒカキンなどが耕したユーチューブという〝畑〟に土足で踏み入っている」と説教していた。

「動画も素人臭い。度重なる炎上騒動で世間に迷惑を掛けている。シバターは社会人経験もあり、ある程度の社会常識もある。僕が〝生活指導〟という形です」と〝グレート・ティーチャー・シバター(GTS)〟として、悪ガキどもの指導にあたるという。

 新企画も明かされた。コムドットに反省を促すようなシバターなりのアイデアをプレゼンした。

 実際にコムドット側がシバターを受け入れるかは不明だが、ユーチューブという荒れ地を耕し、畑にしたシバターたち「ユーチューブ第一世代」が、ここ最近のユーチューバーの評価低下を嘆いているのは間違いないところ。

 コムドットはシバターという〝劇薬〟を受け入れ、風紀改善に取り組めるか。