【ユニコーンS】ノーヴァレンダ ウッドラスト11・6秒で半馬身先着「砂をかぶらない位置で競馬ができれば」

【ユニコーンS】ノーヴァレンダ ウッドラスト11・6秒で半馬身先着「砂をかぶらない位置で競馬ができれば」

【ユニコーンS(日曜=16日、東京ダート1600メートル)注目馬12日最終追い切り:栗東】ノーヴァレンダはウッド6ハロンから併せ馬。8馬身後方から追う形でスタートしたが、鋭く伸びて、きっちり半馬身先着した(6ハロン81・6―37・7―11・6秒)。

 斉藤崇調教師「半馬身先着ができている。ワンターンの舞台なので、砂をかぶらない位置で競馬ができれば」


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索