【WASJ】川田将雅が個人戦初優勝 初出場の菜七子は最下位

【WASJ】川田将雅が個人戦初優勝 初出場の菜七子は最下位

 24、25日の2日間にわたって札幌競馬場で行われた「2019ワールドオールスタージョッキーズ」(WASJ=1人4鞍騎乗)は、3、3、5、1着で合計70ポイントを獲得した川田将雅が個人戦初優勝を飾った。2位は58ポイントでクリストフ・ルメール。カリス・ティータン(香港)とミカエル・ミシェル(フランス)が、それぞれ53ポイントを獲得して3位タイとなった。

 川田は「いつものレースでは仕事なのでホッとする感じですが、今日は個人的なことなのでうれしいです。(表彰台で)上からルメールを見下ろせるというのもうれしいですね」と、ジョークを交えつつ会場のファンを沸かせた。

 また、初出場で注目された藤田菜七子は前日のレースで11、11着と出遅れ。巻き返しを図ったこの日も14、8着と振るわず、合計7ポイントの13位(最下位)タイに終わった。

 なお、チーム対抗戦は246ポイントを獲得した「JRA選抜」が202ポイントに終わった「WAS選抜」を下し、昨年に続いての優勝となった。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索