虎ドラ1・近本が150安打達成 長嶋氏のセ新人安打記録にあと3本

虎ドラ1・近本が150安打達成 長嶋氏のセ新人安打記録にあと3本

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)の勢いが止まらない。16日の巨人戦(甲子園)で、3打数2安打と球団新人最多となる41度目のマルチ安打をマーク。これで今季通算150安打とし、2017年の中日・京田を抜いてセ・リーグ新人安打記録の単独2位に浮上した。

 長嶋茂雄(巨人)が1958年に記録したセ新人記録の153安打まであと3本となり「今日は自分の仕事ができたかなと思ってます。初回の盗塁とか、得点につながったんで。ヒットも2本? 楽になりました」と笑顔だった。

 初回に二盗、6回に三盗を決め、リーグトップタイの33盗塁をマーク。1試合2盗塁は8月17日の巨人戦以来7度目で、33盗塁はセ・リーグ新人では89年のヤクルト・苫篠賢治を抜いて歴代単独5位となった。

 試合は21と競り勝ち、連敗ストップ。チームは前日に14年連続のV逸が決まったが、近本は元気だ。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索