ウィクトーリアが左前けいじん帯の損傷のため秋華賞を回避

ウィクトーリアが左前けいじん帯の損傷のため秋華賞を回避

 今年のフローラSの勝ち馬ウィクトーリア(牝3・小島)が、左前けいじん帯の損傷のため秋華賞(10月13日=京都芝内2000メートル)を回避することになった。

「つなぎが立っていて、もともと不安なところはあった馬だからね。残念です」と小島調教師。

 先週のローズSで3着と好走し、秋華賞で母子制覇(母ブラックエンブレムは2008年に勝利)を目指していたが、20日に滞在していた栗東トレセンから美浦トレセンに帰厩し、近日中に放牧に出される。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索