巨人生え抜き岡本 原監督以来の右打者2年連続30本塁打

巨人生え抜き岡本 原監督以来の右打者2年連続30本塁打

 巨人は20日、2位・DeNAとの直接対決(横浜)に9―4で勝利。岡本和真内野手(23)が8―4で迎えた9回に、ダメ押しとなる30号ソロをバックスクリーン左に叩き込んだ。

 球団生え抜きの右打者での2年連続30本塁打は原監督以来という、記念すべき一発だった。岡本本人は「あんまりそこに思いはないですけど(今は)優勝争いというか、直接対決なんで、勝ててよかったというのが一番。自分の結果は二の次で、何でもいいから点が入るようにアシストできたらなと思ってます」と淡々と振り返った。

 一方、同じ記録を持つ原監督は、前打席の適時二塁打こそ大きかったとたたえつつも「へえ〜。いやもう、僕なんかはるかに超えてますよ」と最敬礼。「また超えられるようにね。こっちもまあ、時にはお尻を叩きながらね、スクラム組んでいきたいなと思いますね」と今後のさらなる飛躍に期待した。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索