【東レ・パンパシ】大坂が4強入り 相手負傷に水を持って駆けつける場面も

【東レ・パンパシ】大坂が4強入り 相手負傷に水を持って駆けつける場面も

 女子テニスの国際大会「東レ・パンパシフィック・オープン」(大阪・ITC靱テニスセンター)で、前日(20日)に降雨のため中止順延となっていた世界ランキング4位の大坂なおみ(21=日清食品)と同36位のユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)のシングルス準々決勝が21日に行われ、大坂が6―4、6―4のストレートで勝利した。

 過去0勝3敗の天敵に対し、この日は序盤から主導権を握った。自らを「スロースターター」という大坂だが、第1セットはラブゲームで最初のサービスゲームを奪うと、続く第2ゲームもラブゲームでブレークと最高の滑り出し。相手の執拗なスライスショットにうまく対応し、持ち前の強打が決まった。第6ゲームもブレークし、一気に5―1まで持ち込んだ。ここから相手の反撃に遭ったものの、序盤の“貯金”が生きて最初のセットを奪った。

 第2セットはファーストゲームをブレークされたが、すぐに第2ゲームでブレークバック。第4ゲームもブレークしてまたもや優位に立った。途中、チャンスボールを打ち損じ、相手の粘りに遭ってイライラしてラケットを投げるシーンもあったが、この日はサービスエースを6本決めるなどパワーで圧倒。ファーストサーブ成功率は48%ながら、要所でポイントを稼いで苦手の相手から初勝利を挙げた。

 終盤、マッチポイントを迎えた際にプティンツェワが左足首を痛めると、真っ先にタオルと水を持って駆け付け、相手をいたわった。試合後、大坂は「ハードなバトルになると思っていた」と振り返った上で「とにかくユリアが心配で、彼女のところに行かなくてはと思って走っていた。足首のケガは時に深刻なものになる。このケガでアジアの他の大会を回れなくなってほしくなかった」と思いやった。

 また、今大会からコーチを務める父フランソワさんから初めてオンコート・コーチングを受けた。アドバイスについて「いつものように今日の会話はほとんど『落ち着け』といったもの」と明かし、「ディシプリン(鍛錬)」という言葉をかけられたという。

 準々決勝を突破した大坂はダブルヘッダーとなる準決勝(第3試合)へ進出。センターコート(午後3時45分以降開始)で世界ランキング24位のエリーゼ・メルテンス(23=ベルギー)と対戦する。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索