【W杯アジア2次予選】2試合ノーゴールの久保建 ライバル2人が活躍で正念場

【W杯アジア2次予選】2試合ノーゴールの久保建 ライバル2人が活躍で正念場

 日本代表MF久保建英(18=マジョルカ)が正念場を迎えている。2022年カタールW杯アジア2次予選タジキスタン戦(15日)に途中出場し、持ち前のドリブル突破でアピールした。ただ肝心のゴールは生まれず、A代表最年少得点記録(19歳119日)の更新は持ち越しとなった。

 同予選では3試合中2試合に途中出場したものの、いずれも終盤の投入でプレー時間はわずか。まだスタメンを奪うほどの存在感を示せていない中、ポジションを争うライバルが次々と好パフォーマンスを発揮した。約1年ぶりに代表復帰したFW浅野拓磨(24=パルチザン)が左サイドで途中出場し、ゴールを奪取。J1広島時代に指導を受けた森保一監督(51)の期待に応えた。ある代表OBは「攻撃にリズムが出た。森保監督が広島時代からやっているパスサッカーを知っているし、浅野の存在が今後のポイントになる」とべた褒めだ。

 またFW鎌田大地(23=Eフランクフルト)は1トップで先発。途中からMF南野拓実(24=ザルツブルク)とポジションを入れ替えてトップ下に入ると、連係もスムーズで、味方の特長を引き出しながらチャンスを演出した。同OBは「本職がトップ下だし、動きはよかった。彼を使うならトップ下が合う」と評価を高めた。

 日本代表の攻撃的MFは中島翔哉(25=ポルト)、南野、堂安律(21=PSVアイントホーフェン)の“三羽ガラス”がレギュラー格。さらに実力者の原口元気(28=ハノーバー)、伊東純也(26=ゲンク)がチャンスをうかがっており、、浅野や鎌田の猛アピールでポジション争いはさらに激しさを増している。

 これまで将来を見据えて代表に招集されているが、指揮官は「クラブでの出場機会」を重視しており、所属のスペイン1部マジョルカでベンチ要員の久保はアピールも難しい。土俵際に追い込まれた“日本の至宝”は森保ジャパンで生き残れるだろうか。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る