ツインズは12日(日本時間13日)にミネソタ州ミネアポリスの本拠地ターゲット・フィールドで予定されていたツインズ―レッドソックス戦を中止にしたと発表した。

「ツインズは昨日(近郊の)ブルックリンセンターで発生した悲劇的な出来事への敬意を表し、また事態の進展に関する情報を受け、ファン、スタッフ、選手、そして地域社会にとって最善の方法であるとの判断から、本日の試合を行わないことを決定しました」

 11日(同12日)にミネアポリス近郊のブルックリンセンターで警察官による銃撃を受けて20歳の黒人男性ダンテ・ライトさんが死亡する事件が発生。抗議デモが起こり、警察と衝突する事態になっている。

 また、ツインズはこの決定に至るまでに米大リーグ機構(MLB)やミネソタ州の関係者らと協議したことを明かし、「ダンテ・ライトさんのご家族にお悔やみを申し上げます」と弔意を示した。

 ミネアポリスでは昨年5月25日に黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警官によって暴行されて死亡し、全米に広がった「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」運動のきっかけとなった。

 現時点では代替日などは未定。13日(同14日)は前田健太投手(33)の先発登板が予定されているが、不透明だ。