ドイツ1部ビーレフェルトのU―24日本代表の堂安律(22)が来季もドイツでのプレーを続ける見通しだ。

 オランダメディア「ED」によると、ビーレフェルトは、昨夏に同国1部PSVアイントホーフェンから期限付き移籍で加入した堂安に対して、買い取りオプションを行使する見通しだと伝えた。ただ、チームはリーグ16位と苦しんでおり、2部降格した場合は、オプションを行使できないとした。それでもほかのドイツ1部クラブが興味を示しており、同メディアは「いずれにしてもPSVを退団することになるだろう」とした。

 U―24アルゼンチン代表と2試合を行った3月のU―24日本代表の活動には負傷の影響で参加できなかったが、東京五輪では主力の働きを期待される。クラブのプレーはもちろん、その活躍次第では、ドイツ国内のステップアップはもちろん、他国の有力クラブからも新たなオファーが舞い込む可能性がありそうだ。