女優の内田有紀(48)が29日に神宮球場で行われたヤクルト―ロッテ戦で始球式を務めた。

 この一戦は「Yakult(ヤクルト)1000ナイター」と銘打たれて開催。「ヤクルト届けてネット」のキャンペーンアンバサダーも務める内田に白羽の矢が立った。

 商品にちなんで背番号「1000」のヤクルトのユニホームを着てマウンドに登場。前日晩には「Yakult1000」を飲み干し「私は本番前、緊張する時には必ずこれを飲んで試合に臨むかのように芝居に臨んでいます」と打ち明けた。その上で「歴史ある神宮球場で皆さんと一体化できることを楽しみにして来た。精いっぱい感謝を込めて投げさせていただきたい」と準備万端で本番に挑んだ。

 肝心の投球は山なりながらもツーバウンドで捕手のミットに収まり、マウンド上から右手を振りながらグルリと1周して場内のファンに向け、笑顔を振りまいた。

 内田が始球式を務めるのは1995年4月7日の巨人―ヤクルト戦(東京ドーム)以来、実に29年ぶり。当時はワンバウンド投球で悔しがったが、ビキニでへそ出しルックという過激なコスチュームで話題を呼んだ。

 SNS上では「今日、神宮で投げた内田有紀さん。めっちゃ美人だったことを報告します」「始球式内田有紀とか神宮は羨ましいことしてんなぁ」「いやほんと昔から変わらないよなあ」「48歳とかうそだろ?!」「今年49歳とか思えぬ可愛さ…」などと驚きの声があがっている。