29日に横浜市内の所属ジムで練習を再開したボクシングのスーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(31=大橋)が、1階級上のフェザー級の世界王者らから対戦を呼びかけられていることに、「やりたいならお前らが下げてこい」と怒りをあらわにした。

 6日に東京ドームで〝悪童〟ルイス・ネリ(メキシコ)を成敗し、もはや同じ階級に敵なしといえる井上。その状況に黙っていないのがフェザー級の世界王者たちだ。IBF王者ルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ)は、X(旧ツイッター)上で「井上が126(ポンド=フェザー級)に昇級するのを静かに待っている」と表明し、ロペスのマネジャーは「井上をノックアウトすると思う。家をかけてもいい」などと豪語したと伝えられている。

 これについて井上は「それに関しては言いたいことはいろいろありますよ」と立腹。「敵がいないから上げろというのもおかしな話。やりたいなら、お前らが下げてこいという話。階級制のスポーツですから」と吐き捨てるように話し、「フェザーに行く準備はしていますけど、そこはまだ何とも言えない」と付け加えた。

 井上はネリ戦後のリング上で、IBF・WBO同級スーパーバンタム級1位サム・グッドマンと9月に対戦の交渉を始めると誓い合っていたが、グッドマンが7月に試合をする予定であることが海外メディアで報道された。これについて、「勘違いしていました。僕が先走ってリングに上げちゃったんですよ」と釈明した。他の対戦相手候補はWBO同級2位のTJドヘニー(アイルランド)らが有力だが、所属ジムの大橋秀行会長は「対戦相手は未定」と明かしている。