巨人打線が久しぶりの爆発だ。30日のソフトバンク戦(東京ドーム)で先発・高橋礼が古巣相手に3回5失点でKOされた。

 絶望的な5点を追う3回、鷹先発・東浜から失策と四球で無死一、二塁のチャンス。代打・喜多が遊撃への内野安打を放った。遊撃・今宮が好捕し二塁へトスしたが、審判の判定はセーフ。無死満塁と好機が広がったがここで小久保監督がリクエストし、判定が覆り一死一、三塁と反撃ムードに水を差された。

 ところがこの逆境でG打線が着火。丸が右前適時打で1点を返すと、新助っ人ヘルナンデスが来日1号となる3ランを左翼席へ運んだ。助っ人は「みんながつないでくれたチャンスでシンカー一本に絞って振り抜きました。最高です」と笑顔を見せた。

 この日のG打線はこれで終わらない。吉川の二塁打から4番・岡本和が10号逆転2ランを左翼席へ運んだ。主砲は「逆転できるところまでみんながつないでくれたので、どうにかしたいという気持ちでいきました。逆転できて良かったです」と力を込めた。巨人が一気に6得点と試合を引っくり返した。

 岡本和は7年連続2桁本塁打となった。貧打に泣いていた巨人打線が1イニングに6点を奪ったのは4月12日の広島戦(東京ドーム)で6回に7得点を挙げて以来となった。