フィギュアスケートの全日本女王・紀平梨花(18=トヨタ自動車)が世界国別対抗戦(丸善インテックアリーナ大阪)の閉幕から一夜明けた18日、リモート取材に応じた。

 今大会は直前に腰痛に襲われるアクシデントが発生。「棄権も考えた」という深刻な痛みを抱えて出場し、ショートプログラム(SP)、フリーともに本来の力を発揮できなかった。だが、腰痛によって休養したことで思わぬ〝発見〟があった。

 体力温存して臨んだ直前練習のジャンプは「回り過ぎて止めるのが必死っていうくらい。自分でも驚くくらい体が軽すぎて。疲れを取ったら試合であんなにも良い状態を作れるっていう気付きがあった」と振り返りつつ「健康っていうのはケガしてから気づくと思うので、これを機会に痛みが少しでも出たら休むようにしたいです」と話した。

 激動のシーズンが終了。今、何をしたいか、との質問には「何がしたいんだろう(笑い)。体がちゃんと動けてトレーニングできるんだったら、こういうものが食べたいなとか思うけど、食べたら動きたいけど、動けないからもっとショック。結局、食べ物で発散するのは無理だしって思って。どこかに行くにもコロナがひどいし、でも歩くのも痛いし、みたいな」と考えを巡らせつつ「強いて言うとしたら、寝転がってじっくり好きなテレビとか見たりしたいかなって感じです(笑い)」。

 具体的な番組を問われると「えー、そんなこと言っちゃって大丈夫なのかな(笑い)。バラエティーとか、テレ朝って何か」と瞬時に大会中継局のテレビ朝日を気遣う〝神対応〟を見せつつ、スタッフから「テレ朝じゃなくてもいいですよ」と言われると「モニタリング(TBS系)とか好きです」とニッコリ笑った。

 幼少期から練習漬けの毎日でここまで来た。神様が与えてくれた〝休み〟で英気を養い、北京五輪が控える来シーズンへ向かう。