18日、中山競馬場で行われた牡馬クラシック第1冠、GⅠ第81回皐月賞(芝内2000メートル)は、エフフォーリア(牡・鹿戸)が好位のインから直線抜け出して無敗の4連勝で栄冠に輝いた。騎乗していた横山武史騎手(22)はデビュー5年目でGⅠ初勝利&クラシックジョッキーとなった。 

 単勝3・3倍の1番人気に支持されたダノンザキッド(牡・安田隆)は、道中3、4番手の好位で運ぶも、勝負どころですでに手応えが怪しくなり、直線は後続に次々にかわされて、ブービーの15着に大敗した。

 川田騎手は「返し馬の雰囲気は抜群でしたし、自信を持ってレースに臨みました。それでも、レースでは能力を出せずに終わってしまいました」と話した。