【新日】永田の“夏の特訓”復活!キックボクサー町田と合同トレ

 新日本プロレスの永田裕志(50)が9日、キックボクサーの町田光(31)にプロレス流公開特訓を指南した。

 かつては「G1クライマックス」前の公開練習が恒例だったが、ミスターは昨年限りで真夏の祭典を卒業。だがカルト的人気を誇った“夏の風物詩”をこのまま封印するのはあまりに惜しく、このたびブシロードのキックイベント「KNOCK OUT」で活躍する町田との合同練習という形で復活を遂げた。

 10月大会(後楽園)に参戦予定の町田は、7月から新日プロがオープンさせた東京・有明のスポーツクラブ「アスレチックキャンプライオン」で練習開始。永田の指導のもと、ヒンズースクワットからボルダリングなど多岐にわたるメニューで徹底的に肉体をいじめ抜いた。

 トレーニングを終えた町田は「キックの動きではない動きをたくさんやったので。この練習をやっていけば、スタミナ面でも鍛えられますし、お客さんに、よりハートを届けられる試合ができるんじゃないかと」と手応えアピール。来場する「KNOCK OUT」の19日大田区大会もアピールした。

 図らずも特訓の伝道者としての道を歩み始めた永田も「貪欲に吸収しようという姿勢は素晴らしい」と太鼓判。今回はかなりベーシックな内容となったが、今後の特訓希望者のリクエストによっては、エアロビ、フラフープに始まり、ラーメン作りからアナウンスにまで及んだ珍妙路線の復活にも期待がかかる。その一方で9月9日に地元・東金で行う自身のプロデュース興行の宣伝にも余念がなく「今年で50(歳)になりましたが、まだまだ健在なファイトを披露したいね。へっへへ」と腕をぶしていた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索