【全日本】近藤修司が世界ジュニア初防衛 次期挑戦者に岩本煌史を指名

 全日本プロレス10日の東京・後楽園ホール大会で行われた世界ジュニアヘビー級選手権は、近藤修司(40=W―1)は佐藤光留(38)の挑戦を退け、初防衛に成功した。ジュニアとは思えないパワーを発揮して雪崩式顔面砕き、スイング式DDTなどで変態王を圧倒。最後は3発目のキングコングラリアートで勝利した。試合後は次期挑戦者に前王者の岩本煌史(28)を指名。「意味が分かるか? お前は苦労が足りない。リマッチでもベルトを取れないことで成長しろ。それが全日本ジュニアのためだ」と厳しい言葉を投げ付けた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索