プロレスキャスター・元井美貴「可能性は無限大!のプロレスネイル」

【すっぴんトーク1本勝負!】両手にプロレスネイルをしました。プロレスネイルとは、プロレスに関するモチーフをプロレス愛あふれるままに指先にちりばめるアートです。

 今回はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)の新パレハが話題になっていたこともあり、右手にはLIJのロゴと高橋ヒロム選手がメキシコ時代に使用していた「カマイタチ」マスクを、左手には対戦相手のCHAOSのロゴをネイリストさんに描いていただきました。

 インスタグラムで「#プロレスネイル」を検索してみると391件の投稿があり、ユニットではLIJを描いている方が断然多く、個人では内藤哲也選手、高橋ヒロム選手、棚橋弘至選手が多い模様。

 飯伏幸太選手とケニー・オメガ選手の「ゴールデン☆ラヴァーズ」のようにタッグにしたり、NOAHやDDTなど団体のロゴを入れるパターンも。中には大日本プロレスの公式キャラクター「デスかもくん」と有刺鉄線を取り入れている方もいらっしゃって、感動するほど多種多様です。

 他のスポーツも調べてみたところ、一番多かったのはサッカーネイルで1995件。次いで野球ネイルが1703件あり、チームのユニホームの色や推し選手の背番号、マスコットを描いている方が多数でした。

 他には相撲ネイルも119件。推し力士のまわしや似顔絵、化粧まわしに加えて行司さんの軍配まで! マラソンネイルとして目標タイムを爪に記している方もいらっしゃいました。

 プロレスはコスチューム、ユニットのロゴ、マスク、選手の決めゼリフなどネイルにしたくなるモチーフの宝庫! 同じユニットで揃えてもよし、片手ずつ対戦相手にして戦わせてもよし、可能性は無限大です。

 自分の視界に応援している選手のモチーフがあると、仕事も頑張れる気がしますよね。男性はプロレスネイルを見かけたら、ぜひ話題にしていただけたらと思います。来年に向けてどの選手のネイルが増えるのか、引き続き調査します!


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索