【新日本】内藤 LIJ入り鷹木信悟の歓迎会を“聖地”ファミレスで開催

 新日本プロレスで「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)」を率いる内藤哲也(36)が11日、新パレハとなった元ドラゴンゲート鷹木信悟(35)の歓迎会を開催した。「ジュニアタッグリーグ」(16日、東京・後楽園ホールで開幕)に鷹木と組んで参戦するBUSHI(35)とともに“LIJの聖地”ファミレスに集結。果たしてその内容は――。

 内藤は「新パレハ歓迎会」と称し本紙記者をファミレスに招集。さっそくリーダーが1時間遅刻するというLIJの洗礼を浴びた鷹木だが、若鶏のグリルを「皮なし、目玉焼き2個トッピング」でオーダーする上級テクニックで潜在能力の高さを見せつけた。

 同じ1982年生まれでアニマル浜口ジム時代から互いを知る2人の再接近は、鷹木がフリー宣言した9月のこと。内藤から声をかけたことがキッカケだった。

「頭の片隅にあったんです、鷹木の存在は。(スカウトする手は)なくはないなと。そもそも我々は制御不能な集まり。我の強いところもどんどん出していってほしいし、相乗効果も見えるんじゃないですか?」と経緯と狙いを説明した。

 一方で次期シリーズは、リーグ戦に参戦する鷹木とBUSHI以外のメンバーは欠場となる。内藤は「せっかく新たなLIJをお見せする機会なのに、なぜ俺の名前がないのか。だったら試合はなくても、自腹で行ってもいいかなって気持ちはありますね」と珍しく無償での同行を示唆した。

 新天地に降り立った鷹木も気合十分だ。「やるしかないなと。内藤とは組んでも戦っても魅力的だと思ってたし、そばにいて学べることもあるだろうし。15年目にして、第2章のデビュー戦を終えた新人のような気持ちだよ」と語る。いきなりリーグ戦に参戦するのも貪欲さの表れだ。

 すると、しばらく伝票を見つめていたBUSHIは「これじゃまだ安すぎるな…」と追加メニューをバンバン注文しつつ、パートナーの言葉には力強くうなずいた。

 3人が満腹になると内藤は「実は『X』は鷹木だけじゃないんだ。東スポさんにだけ特別に紹介してもいいかな。今からここに、他の誰にも秘密の新パレハを連れてくるから、少し目を閉じて待っててくれない?」と本紙記者に耳打ちした。

 鷹木も「おい、いいのか内藤? だってヤツはまだ…」と後を追い、BUSHIとともに席を立った。しかしいくら待っても戻ってくる気配はなく、目を開けると伝票だけが残されていた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索