TARUが1・28「爆女王選手権」に刺客 世志琥「意味分かんない」

TARUが1・28「爆女王選手権」に刺客 世志琥「意味分かんない」

 超花火プロレスは13日、都内で会見し、「電流爆破フェスティバル」(28日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)で行われる「爆女王選手権」を4WAYマッチで開催すると改めて発表した。

 王者の長与千種(53=マーベラス)はインフルエンザの疑いで会見を欠席したが、シードリングの世志琥(24)とアイスリボンの藤田あかね(31)が出席。当初、同王座戦はタッグマッチ(長与、世志琥組vs高橋奈七永、あかね組)と発表されたが、高橋が負傷欠場となったため長与、世志琥、あかねによる3WAYマッチ形式で行われることになった。

 もともと高橋が爆破戦に出場することにライバル心を燃やし、勢いで参戦を決めた世志琥は肩透かしとなったが「長与千種はインフルっぽいとか、ふざけんなって感じ。私が女王になって活動していくんで。そこにベルトがあるなら取りにいくしかないっしょ」と標的を王者に定めて王座取りを誓った。また、あかねも「ハードコアクイーンとして通過しなきゃいけない」と決戦に向けて意気込みを語った。

 会見中に極悪軍団「ブードゥー・マーダーズ(VM)」を率いるTARU(53)が乱入。「長与はどうした? 爆破する前に自分の体を管理した方がエエんちゃうか!?」と欠席の王者を糾弾すると「この3人なら長与の一人相撲やで。お嬢ちゃんたちのためにVMがブードゥー・レディーマスクを投入したる」と一方的に表明した。

 世志琥は「あの人(TARU)知らないし、意味分かんないんですけど」と難色を示したが、超花火実行委員会では爆女選手権を長与、世志琥、あかね、ブードゥー・レディーマスクによる4WAY戦として行うことを決め、即日発表した。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索