【スターダム】イオ 鎖国解禁「男女問わず他団体に打って出る」

【スターダム】イオ 鎖国解禁「男女問わず他団体に打って出る」

 女子プロレス「スターダム」エース・紫雷イオ(27)が11日“鎖国解禁”を決意した。これまでは団体の方針もあり、ほとんどスターダムマットのみの出場に限られていたが、2018年は男女を問わず積極的に他団体に出撃するという。東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」で3年連続女子プロレス大賞を受賞した“天空の逸女”が女子の枠を超え、男子団体までも席巻する。

 この日、都内で行われた会見でイオは、13日の横浜大会で行われるワンダー王座戦の調印式に出席。レイチェル・エラーリング(25=米国)を迎え撃つ4度目の防衛戦に向けて「相手を褒めるのは好きじゃないけどいいものを持っている。気持ちはワクワクだけど、結果と内容は約束します」と、王者として揺るぎない自信を示した。

 しかも、21日の後楽園ホール大会では自身のユニット「クイーンズ・クエスト」を率いて、極悪軍団「大江戸隊」との5対5勝ち抜き戦に臨む。大江戸隊5人が、この試合から復帰する中野たむ(年齢非公表)のトレードマークであるパンダのかぶり物で登場したことを「そういう型破りなことをするのはもともと型を持ち、実績を残している人がやること。コイツらは単なる宴会部長!」と一蹴し、女王の風格を漂わせた。

 女子プロレス大賞3連覇を達成したことで、業界を代表する選手としての責任感は、一段と増した。さらには4日の新日本プロレス東京ドーム大会を観戦し、業界の盟主から刺激も受けた。そのため「今年はスターダムを独走状態に持っていく。それに個人的にやってみたい選手もいるし、オファーをくれれば他団体にも出たい。どこのリングに上がってもお客さんを満足させる自信がある。スターダム以外のリングはチャンスでしかない」という新たな目標が生まれた。

 スターダムは“鬼の商売人”ロッシー小川社長(60)の戦略により、所属選手をほとんど他団体に出場させることはなかった。だが今年のイオ個人は積極的に出撃する方針だ。女子でトップに上り詰めたことで「女子プロレスの誇りは持っているけど、女子の閉鎖的な空間をブチ壊したい」と男子を含めた全レスラーの枠で勝負する考えなのだ。

 男勝りの意気込みを語り続けたが、なぜか最後は「強いより、かわいいのほうが男性受けがいいですかね!? やっぱり今年はぶりっ子しようかな。声も1オクターブ高くして。ラララ〜」と乙女の表情を見せながら、イオの目は笑っていなかった。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索